SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2008.06.15[日] 闘茶、という映画(2)

約束の火曜日、1本の電話が鳴った。
相手はもちろん企画書の主、Kさんだ。
私的には終わっていた仕事なので、ボスに取り次いだ後、別の仕事に取りかかっていた。ところが、たまたまボスのそばを通りかかった時「では前向きに検討してお返事させて頂きます。」と言っているのが聞こえてしまった。

電話を切ったボスについ一言。
「この忙しい最中、前向きに検討しちゃって大丈夫なんですか?」

案の定、ここから先はあれよあれよという間に月日が流れることになる。
しばらくして、再び先方から電話が入った。
「来週の火曜日、監督が名古屋に来ることになりましたので、せっかくですからお会いになりませんか。その時、タイアップに関する打ち合わせもさせて頂きたいのですがいかがでしょう。」
というような話になったらしい。

「へぇ~、監督さんに会えるんだ。でも火曜日だから、ボス一人で行ってもらって私はお留守番かな。」
などとこの時はまだ簡単に考えていた。
ところで、正式に提案を受けるっていつ決まったんだっけ?

その後、エージェント担当のNさんとボスとの話の中で、6月10日・火曜日の午前中、プレスの人たちの取材の合間に少し時間をとっていただけることになった。
『ボスの留守中に緊急の用件ができるといけないので』という理由で、私も同行することになった。
急遽、ロ・ヴーは営業時間の変更だ。

タイアップなどと簡単に言うが、さて何ができるのだろう。
何をするかを考える前に、確認をしておかなければならないこともたくさんある。
「火曜日までにいくつかのパターンを考えておいて、後は打ち合わせをして詳細をつめていくか」、「締め切りの期限によってはかなり厳しいスケジュールになりそうだけど、大丈夫かな?」などと様々な考えが螺旋階段のように渦巻いていく。

「監督ってどんな人なんだろう?」期待と不安が入り交じった気持ちで、6月10日の朝、ボスとともに伏見ミリオン座へと向かった。

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/96-fd3fcfd8
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop