SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2008.01.18[金] 講座や中国茶のセミナー

この時期になると、4月スタートの講座のカリキュラムや春のセミナーの日程を提出して欲しいという依頼が多くなります。4月と5月のカリキュラムが一番難しくて、日にちによっては、新茶の到着が間に合ったり、間に合わなかったり。
せっかくなので、できるだけ早く新茶を楽しんで頂きたいと工夫をするのですが、3月の気候は、1月にはわからないしねぇ。気候次第でお茶の出来も変わっちゃうし。難しいです。
長いところで半年分、短いところでも3ヶ月分。その他にも単発のセミナーが数本。
毎年同じお茶では楽しくないし。
今年の春は、どんなお茶が美味しいのかなぁ…とイメージを膨らませながらカリキュラムを考えるのは、楽しみでもありますが、なかなかハードルの高い仕事でもあります。

のんびり考えていると、先方の担当者から催促のメールが入ってきたりするので、ドキリとします。
「○○カルチャーの~」という電話の声を聞くと、思わず居留守を使いたくなることもあります。
早めに原稿を仕上げておけば、なんら問題ないのにね。
作家の先生方も締め切りが近くなるとこんな気持ちになるのでしょうか。

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/9-605fb936
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop