SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2018.08.17[金] メガネ、ハス、岡倉天心

花はす_02


最近、細かい文字を見るのがちょっとツラい。
そんなこともあって、何となく読書も滞りがち。

これからは、無理をせず自然体で生きていこう、と心に決め
7月のとある日に、眼鏡の聖地、鯖江の眼鏡ミュージアムへ。


福井在住の友人に現地ガイドをお願いし、眼鏡だけでなく福井を
楽しもう!と『花はす公園』と『越前古窯博物館』も一緒に
訪ねてきました。


福井 南越前町:花はす公園_01


南越前町は、『花はす生産日本一を誇る』のだそうで
今度はもう少し早い時期、早朝に訪れてみたいと思うほどの
圧巻のハスの花の数々。


花はす公園_01

 ★その他の写真はこちら


『蓮は泥より出でて泥に染まらず』

中国の格言にもあるような、清らかな生き方がしたいものです。



越前古窯博物館:天心堂


こちらは越前古窯博物館にある、天心堂。

岡倉天心のことをご存じの方は多いと思いますが、父親が福井藩士
だったということは意外と知られていないかもしれません。
地元だけあって、福井では岡倉天心はとても有名人です。


越前古窯博物館:天心堂


越前古窯博物館:天心堂

立礼席の天心堂では、お抹茶とお菓子をいただくことができます。


内部を見て、どこかで見たことがあるような…。
電灯や窓の造り、机の塗りなどを見ると解るように、この茶室は
白鳥庭園の清羽亭と同じ、中村昌生先生の設計です。
(中村先生は、清羽亭の設計で芸術院賞を受賞されています)


越前古窯博物館:天心庵

四畳半の天心庵、にじり口から見た風景。

たまたま他のお客様がいらっしゃらなかったことと、名古屋から
訪ねてきたということで、天心庵も見学させていただき
中村先生の天心堂、天心庵への拘りを教えていただきました。


越前古窯博物館:天心庵


中村昌生先生の拘りが随所に感じられる茶室が、ここ福井にもありました。

ご案内くださった係の方もとても親切で、茶事があればぜひ参加してみたい
ものです。

福井の友人にも感謝。

By サ
関連記事
    09:56  Top
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop