SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2016.01.25[月] お米の力

お雑煮

暖冬と言っていた今シーズンの冬も、小寒が過ぎ、大寒が過ぎたら
寒さが戻って、いつもの冬に戻った感があります。
冬の空気の冷たさをを感じる方も多いですね。

こんな冬に力を発揮する「餅」。

東南アジア、米を作っている地域、たくさんあります。
色々な種類がある米。その中でも、もち米。いろいろな方法で食されています。
地域によって使われ方も様々、日本では、もち米を蒸し、臼でついて、
餅にしますね。

寒くなるとやはり、食べたくなってしまうこの餅。
新年を迎えると登場する、雑煮。
餅の形、丸い形、四角と違います。そしてこの餅、焼くのか煮るのかで味わいが
変わりますね。
また、小豆汁やしょう油味、みそ味と汁にも特徴が出ます。
中に入る具もご当地特有の具が入ります。
あるところでは、イクラが入ったものがあったり、黒砂糖を最後にかけて、味を
整えるといった雑煮もあるようです。

それぞれ、特徴があってとても面白いですね。ご当地の味です。

先人たちは冬という厳しい節を何とか乗り切ろうと考えたと言います。
「寒」という厳しい邪でした。
この「餅」もこの邪を乗り切るための大事な知恵だったのです。

もち米には温める力があります。そして力が長持ちする。

寒い冬にはなくてはならない食べ物であった訳ですね。
力が長持ちして、体を温めてくれる薬膳だったのです。
それを、ちゃんと今の世代まで引き継いでくれた訳ですね。

「米の力」、大きな力です。

そして、他にも忘れてはいけないものがありました。
「あられ」
これも、もち米で作られたものでしたね。
温かいお茶と一緒に、ちょっと、一服と言う時のあられです。
お茶うけには抜群ですね。

薬膳の知恵で体を温め、力をつけてこの寒さを乗り切りましょう!

By J
関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/789-220f50d9
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop