SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2014.12.02[火] 太陽と月の話

20141119_PB195652_isamu-noguchi.jpg


岐阜へ出かける予定があった日、お世話をして下さった方が
今日までのイベントでせっかくだから、ということで連れていって
くれた場所が『イサム・ノグチ AKARI展』。
残念ながら内部は撮影禁止だったため、写真は入り口の1枚だけ。


扉には「AKARI(明かり)」の言葉のモチーフ、太陽(日)と月。
イサム・ノグチの言葉によると「明かりという言葉は太陽の光や
月の光を部屋に入れようという意味からできた」のだそうです。

全く正反対の性質を持ちながら、それでも尚、その二つが互いに
引き寄せ合ってバランスを保つ自然の調和というものが、
私は大好きです。

光があって影がある。
どちらか一方だけではバランスが崩れてしまってダメ。

などと偉そうなことを言いつつ

自分自身もいつもできるだけニュートラルでいたいと思うのですが
現実はなかなか厳しい。(笑)

でもバランスを保つことができれば、心も身体も健康でいられる
というのは、まんざら勝手な思い込みでもなさそうです。

昔から、バイオリズムとか陰陽などという言葉があるように、
良いことばかりも続かないし、悪いことばかりでもない。
悲しい事ばかりが続くわけではないけど、嬉しいことも続いてくれない。


ここ数年は、ジイヤ先生の「中国薬膳茶」の講座を聞きながら
太陽と月、それに星が加わって「人間の身体って小さな宇宙みたい」
などと感心してみたりしている今日この頃。

そろそろ身体のあちらこちらも気になるお年頃ですしねぇ。

来年の1月には薬膳茶初級講座が新規スタートするので、自分の中の
宇宙を見てみたい方は、ぜひご参加下さい。

自分のことがもっと解ってくるかもしれません。


By サ
関連記事
    00:01  Trackback : 0  Top
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/756-988ab7e4
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop