SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2013.09.11[水] 牛頭山雲緑

午頭山霧緑


 上牛頭寺
  青山意不尽
  袞袞上牛頭
  無復能拘礙
  真成浪出遊
  花濃春寺静
  竹細野池幽
  何処鶯啼切
  移時独未休
     <唐 杜甫>

  緑の山は興味が尽きず、
  ウキウキと心がはずむまま牛頭山へと上がっていく。
  気兼ねや邪魔は少しもなく、これこそまさに気ままな散策。
  花が色鮮やかに咲く中、お寺は静まり返り…。


秋の茶会のテーマを考えているうちにたまたま見かけた杜甫の詩。

あくまでも私見なんだけど、どちらかというとちょっと暗めな印象の
ものが多い杜甫の詩の中では、比較的穏やかな心で自然を詠ったもの。
そして「牛頭寺」と見て、思い出したのが「牛頭山雲緑」という緑茶。

杜甫の詩は、梓州(今の四川省)の牛頭山を登った時の詩だけど、
これは浙江省の牛頭山のお茶。

このお茶を早速飲まれた方の言葉をお借りすると、乾燥した茶葉は「抹茶の
ような香り」とのこと。
そう言われてクンクンしてみたら、確かにそんな印象も…。
味わいはさすがに抹茶のような濃厚さはないけど、香りと茶葉の形状から
どんな味わいなのか想像してみて下さい。
想像できない方は、どうぞロ・ヴーへ♪
9月と10月の2ヶ月間だけ、お飲みいただけます。
関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/718-40055f0a
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop