SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2013.08.27[火] 揚輝荘と不等辺三角形(2)

揚輝荘

まずは昭和14年頃の揚輝荘の見取り図を。
現在はマンションなどが建てられている場所にはテニスコートなどがあった
ようです。道路の様子も今とは少し異なって見えます。
1万坪あったということですが、坪100万円として…、ああ、こんな下品な
ことを考えてはいけない…。(A^_^;


揚輝荘

そして現在の揚輝荘。
お店からどれくらい近いのかが解るよう、マークを入れてみました。(笑)
東西の並びには4軒の建物があります。(お店は揚輝荘側から3軒目)
季節の良い頃の揚輝荘は、お散歩コースにピッタリ。
お店から揚輝荘や日泰寺へは徒歩で2分くらいですが、どちらもそこから先に
時間がかかる。(笑)


今回、聴松閣を見学した際に初めて知ったことが一つ。
伊藤家は松坂屋(いとう呉服店)の創業者として名古屋では良く知られて
いますが、1881年(明治14年)に名古屋で最初の私立銀行、伊藤銀行を
設立されていたのでした。
「伊藤銀行?」と思ったのですが、これが以前は名古屋で最も勢力を持って
いた都市銀行「東海銀行(現三菱東京UFJ銀行)」の前身だったのです。

思わず「ギョギョ!」今年なら「じぇじぇじぇ!」とでも言いましょうか。
名古屋人の「世帯に1つくらいは必ず」と言っていいほど、家族の誰かが
東海銀行の口座を持っていたというくらいの銀行です。


と前置きはこれくらいにして。


揚輝荘

聴松閣を入ってすぐに旧食堂。これからは喫茶室として使用するみたい。


揚輝荘

暖炉には古い瓦が埋め込んであったり。しかもこれらの瓦の出所って…。


揚輝荘

いとうの文字。この建物の中には階段や手すりなど至るところに「名栗」と
呼ばれる美しい表面のはつりが施してあります。
現在は美しい「名栗」のできる職人さんが減りつつあるとか。


揚輝荘

1階は他に旧居間や旧サンルームがあります。



揚輝荘

2階には応接室や寝室、書斎などがあったようですが、現在は全て
展示室になっています。

1階、2階と見たら、次はお楽しみの地下へ。


To be continued...
関連記事
Comment
2013.08.27 Tue 06:32  nakamachi #JstcL2F2
うわぁ、なんてゴージャスな内装でしょう!
素敵ですねぇ..............
もう、うなることしかできません。素晴らしいです。

内装がこうであるならば、やはり外壁は元のままが良かったのでは?
どう見てもあの妙ちくりんな赤は気に入らんですね~(^^;
  [URL] [Edit]
2013.08.27 Tue 08:06  AzTak #xZCYq0Xc
『名栗』がどういうものかわからなかったので、調べちゃいました。ああ、あれかと合点がいきました。
http://www.naguri.co.jp/contents/naguri.htm

暖炉の壁には秀吉の瓦が埋め込まれていたり、…

すごいですねえ。お店から近いとは、羨ましいことです。
  [URL] [Edit]
2013.08.27 Tue 13:40  サンタ #54eKsoAw
>nakamachiさん
日本の技術は素晴らしい!としか言いようのない美しい仕様でした。
往事の姿を修復再現するのも大変な作業だったのではないかと思います。

外観も白の方が馴染みが良いのですが、どうも元々はベンガラ色と言われる
赤い壁だったようなんです。
nakamachiさんが写真に撮られたら、妙ちくりんな外観も超セレブリティな
高級色に変身するかもしれません。(^o^)
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2013.08.27 Tue 14:00  サンタ #54eKsoAw
>AzTakさん
やっだー。
秀吉は地元なのに、瓦の…というか家紋なんて知りませんでした。(汗
AzTakさんは、いろいろな事をよくご存じなんですね。建築がご専門ですか?
秀吉の瓦の左下にあったのは「東寺」と文字が入っていました。
他のもきっと由緒ある瓦なのでしょうね。

『名栗』は仰せの通りのあれです。(笑)
以前、白鳥庭園の方に「名栗ができる大工が減ってしまって、修繕に困る」と
いう話をお聞きしました。足で木材を挟んでちょうなではつっていくのだそう
ですが、うっかり自分の足をはつって…、(゚ロ゚ノ)ノ ということもあるそうです。

今まで建築物には特に興味があったわけではないのですが、白鳥庭園で茶室の
話などを色々お聞きしているうちに、最近ではすっかり建物自体を楽しんでいます♪
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/713-50cf2a74
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop