SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2013.07.31[水] ばんばら茶

お白石持


20年に一度、伊勢神宮の式年遷宮の行事の一つ『お白石持』
7月26日にスタートして、いよいよ遷宮が近づいてきたという実感が湧きます。

伊勢に住むHさんから「よろしければ参加できるよう段取りしますよ」と
お声がけをしていただいたのが昨年の夏。
8月は、世間ではお盆休みや夏季休暇などがあって講座のスケジュールが
変則的になりやすい月。1年先のことが決められなくて、今回は泣く泣く諦め
たのだけど、今になって「やっぱり参加することにすればよかった~」と小さな
後悔が心の片隅にチラリ。
そんなことを今更言っても仕方がないので、気持ちだけでも参加した気分を
味わいましょうと、パンフレットを眺めてみる。(笑)



ばんばら茶

そう言えば、伊勢のお土産に頂いたお茶がありました。
その名も『ばんばら茶』。
えらい威勢の良い名前だな~と、裏面をじっくり読んでみたら「産地:愛媛県」。

あれれ、伊勢茶じゃなかったんだ。
「自生の山茶」とあるので松下智先生の研究していらっしゃる「ヤマチャ」
と同じお茶なんだろうなぁ…などと思いつつ、過去にも飲んだことのある
「山茶」の味を思い出してみました。


日本茶には詳しくないので、私の理解が正しいのかどうか定かではありま
せんが「山茶」は文字通り「山の中に自生しているお茶」。
とはいうものの、勝手に茶の木が生えてくるわけがないので、やはりもともと
栽培種だったものが長い年月を経て、野生種のように変化をしていったのでは
ないかと思ったりします。

私たちが想像する茶畑のような様相で生育しているのではないと思うので、
過去に飲ませていただいた山茶から作られたお茶も、どちらかというと力強い
というか、えぐみが少々強く、野趣にとんだ味わいだったと記憶しています。


『ばんばら茶』がどんなお茶だったかというと、焙じた香りと芳ばしい味わいで、
ヤマチャならではの力強さは、焙じた香りの下で密かに出番を待っている、
という印象でした。

ヤマチャは、三重県でもお茶に加工していると思うのですが、伊勢茶と
宇治茶の原料茶としてのお茶の品種のことはよく解りません。
日本茶の区別はやはり造詣が深くないと難しいです。

『ばんばら茶』を頂きながら「次回の式年遍宮は絶対に参加するぞ~!」と
強く思ったのでした。
それまで元気に長生きしなくちゃ~。
関連記事
Comment
2013.07.31 Wed 13:46  AzTak #xZCYq0Xc
ばんばら茶ですか。いろいろあるものですねえ。
勿論飲んだことはありません。感想を読んでも無粋な私に理解できるはずもなく、実際に飲んでみたいものだと思いました。

PS.次回の式年遷宮は私はこの世にいるかどうかわかりません。生きていて、動き回れるようだったら、自分に対するご褒美に…
  [URL] [Edit]
2013.07.31 Wed 20:51  サンタ #54eKsoAw
>AzTakさん
変わった名前のお茶なので、どこが産地なのだろうと不思議に思ったのですが
愛媛県でした。
「ヤブキタ 深蒸し」のお茶と比べると繊細さには欠けるものの、美味しいお茶でした。
製法による味わいの違いは「トウモロコシを茹でた時と焼いた時の香りや味わいの違い」
とでも申しましょうか。
お茶も作り方によって、香りの立ち方や味わいに若干の変化ができるのですよ。

20年後の式年遷宮まで長生きしましょ~。
私はその頃「いじわる婆さん」になっていないと良いのですが…。(^_^;
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/705-9d136fe7
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop