SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2013.05.16[木] 春と夏、そして秋へ

お茶会の続きです。

さてこれは何か解りますか?

広間:okayanさん
Photo by okayanさん

テーブルマットとして敷いた紙に1枚ずつ、リーフの形をパンチングしたもの。
もともとただのスクエアだったのですが、ジイヤ先生から「これでは色気が
なさすぎる」と厳しいご指摘が…。
1枚ずつ膨大な数の手作業。本当にお疲れさまでした。



ここからは、皆さまが撮って下さった写真で、お茶会の思い出にしばし浸って
みたいと思います。


広間 <春山> 席。

広間:ikuyo.Takanneさん
Photo by ikuyo.Takaneさん

亭主席。



広間:ATOMAさん
Photo by ATOMAさん

上段の設えは中国風。



広間:okayanさん02
Photo by okayanさん

ラペイロージア(姫檜扇)も師匠が撮るとこうなります。




立礼席は<夏>。

kani-DSC_0083(1)-2.jpg
Photo by ATOMAさん

真っ白な蓋碗は、ノリタケのボーンチャイナ。
ノリタケが名古屋の会社だということを皆さんご存じですか。



立礼:ikuyo.Takaneさん
Photo by ikuyo.Takaneさん

亭主席から見た風景。
実はここが一番眺めが良いかもしれないと以前からちょっと思っていたり。



立礼:okayanさん
Photo by okayanさん

緑色の餡を葛で包んだお菓子は『梅の雫』と。



立礼:okayanさん02
Photo by okayanさん

夏ごろ、夜になると幽玄な香りを放つ花、夜来香と同じ名前を持つお茶、
岩茶の夜来香。

夜来香と言えば、今から70年前、まだ中華人民共和国が成立する前の1943年
李香蘭(山口淑子)が中国で歌いヒットした曲と同じ名前。
その後、山口淑子として日本語で歌われ、そのずっと後、台湾の歌姫
テレサ・テンによって、中国語と日本語の両方で再び歌われました。


音楽に国境がないように、お茶もまた国境を越えて、多くの人に愛され
続けますように。


お茶会の報告はここまです。

本当は数え切れないくらい、たくさんの美しい写真を撮っていただいて
いるのですが、エンドレスになってしまうので。
写真をご覧になって、中国茶会に興味を持っていただいた方は、ぜひ
10月の秋茶会にご出席下さいね。

最後に、今回も写真の使用を快諾して下さった、okayanさん、ikuyo.Takaneさん
ATOMAさん、本当にありがとうございました。
そしてお茶会に協力して下さった皆さま、お疲れさまでした。

関連記事
Comment
2013.05.16 Thu 09:45  AzTak #xZCYq0Xc
随所に気遣いの様子が垣間見え、この席に参加した人達は、大きな満足感に包まれたのではなかったかと推察します。
こういうイベントを通じて裾野が広がるといいですね。
  [URL] [Edit]
2013.05.16 Thu 20:01  サンタ #54eKsoAw
>AzTakさん
ありがとうございます。
正直、大きなイベントは責任も重く大変なことも多いのですが、中国茶への
感心が多くの方々に広がっていくといいな、と思っています。
たくさんの人に支えられての成功だということを忘れないよう心したいと思います。^^
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/688-35a0dc17
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop