SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2013.03.27[水] 菜の花

菜の花


菜の花は、千利休が愛した花だったということを最近になって知りました。
そして利休が最後の茶室に生けたのも、やはり菜の花だった、と言われています。

利休の命日は旧暦の2月28日ですが、現在、表千家では3月27日、裏千家と
武者小路千家は3月28日に利休を偲ぶ茶会「利休忌」が行われるそうです。

あまたある茶花の中で、利休がなぜ、この小さな黄色い花を好んだのか。
利休は菜の花をどのように設えたのか、ちょっと気になるところです。



菜花糖


こちらは大黒屋さんの『菜花糖(通称:なたねとう)』という名前の茶菓子で、
少し前に頂いたのですが、せっかくなので今日まで大切にとっておいたもの。
江戸時代中期、旧鯖江藩主の贈答菓に指定され、また代々藩主の茶会の常用と
して愛されてきたお菓子ということです。
煎った餅米に柚子の皮で香りをつけ、砂糖をまぶしてあり、囓ると口の中に
ほんわりと柚子の香りが広がり、シャリシャリとした食感があります。

そのまま頂いても美味しいけど「白湯の中に10粒ほど入れると、菜の花を
散りばめたような趣が楽します」と説明書きがありました。

利休を偲んで、こんなお茶でも淹れてみましょうか。
お茶の声が少しだけ聞こえてくるかもしれません。
関連記事
Comment
2013.03.27 Wed 08:08  AzTak #xZCYq0Xc
利休さんほど枯れていないので、その心のうちはわかりかねます。
私流に解釈すれば、見てよし、食べてよし、種を絞って油にしてよし、その絞り粕を配合肥料にしてよし、…。本当にすごい存在ですが、何よりまだ寒さに手足が十分に伸びきらない時期に勢いよく、一斉に咲く花に、心底から励まされたからではないかと思っています。
  [URL] [Edit]
2013.03.27 Wed 23:05  サンタ #54eKsoAw
>AzTakさん
利休が最後の茶席に菜の花を設えたというのには「為政者に翻弄された菅原道真の姿と自身を重ね合わせたのではないか」という話があるんです。
あくまでも後の世代の人々の推測なのですが…。
昔、北の天満宮では菅原道真の命日に、その魂をなだめるために「なだめ=菜種=菜の花」が供えられたと言います。「菜種御供」とよばれているみたいです。

利休が菜の花を好んだというのは、やはりまだ寒さの残る季節に一面に咲き誇る黄色の菜の花に慰められたり、励まされるから、と思いたいです♪
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/677-9b436004
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop