SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2013.02.07[木] 白淋工夫(金雪芽)

福建省の紅茶と言うと、正山小種(ラプサンスーチョン)を真っ先に思い
浮かべる人が多いかもしれませんが、三大工夫紅茶と言えば、政和工夫、
坦洋工夫、そしてこの白淋工夫の3つです。
そして、白淋工夫の高級茶と呼ばれるのが金色の雪の芽などという麗しい
名前の「金雪芽」。


白淋工夫(金雪芽)


先の金駿眉と比較すると若干ゴールデンチップは少ないものの、小さな茶芽で
作られた、金毫を多く含むとても美しい姿の紅茶です。

白淋という名前は福鼎市の白淋という産地名から来ています。
白淋の中国語読み「Bai Lin」と聞くと、何故か梅林が頭に浮かんできて
梅林の満開になるのはいつ頃かなぁ…と、相変わらずくだらないことを考えて
しまいます。(笑)


白淋工夫(金雪芽)


話をお茶に戻すと、このお茶の品種は白茶を作る「福鼎大白種」だと聞いて
います。その話を聞いてから飲んだせいか「(白茶の)白牡丹と同じ余韻を
感じる」とおっしゃった方がありました。そのお茶とこのお茶はロットが
違うのですが、確かに飲んだ後に戻ってくる印象が白茶のそれに似ている
ような気がします。
同じように新芽で作られた紅茶でも金駿眉とはあきらかに余韻が違う。

白淋(Bai Lin)の梅と金雪芽(jin xue ya)の雪。
何となく今の季節にピッタリなお茶だと思って、2月のスペシャルティーに。

2月はもともと短い月なのですが、冬と春の入れ替わりのほんの短い季節を
目で鼻で、そして五感で感じられそうです。
関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/666-6889433b
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop