SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2013.02.04[月] あかおに あおおに

節分とは、文字通り「季節を分ける」こと。
昨日は節分。小学生の頃は「鬼は外 福は内」と家族で豆まきをしたものだ。
節分の時以外は、ほとんどは思いだしもしない「鬼」。

同じく小学生の頃(多分教科書に載っていて)読んだ「泣いた赤鬼」。
人間と仲良くなりたいと思っても、なかなか願いが叶わない。そこで友達の
青鬼が赤鬼のために一芝居うってくれる。
果たしてめでたく赤鬼は人間と仲良くなることができたが…。
この物語を読んでとても悲しい気持ちになったことが思い出される。


ヒイラギ
魔除けのため?お店の入り口にあるヒイラギ。白くてかわいい小さな花を咲かせます。


鬼などというものはどこにもいなくて、本当は人間の心の中にこそ棲んで
いるのではないだろうか。
失ってから気が付く大切なもの。どこに行けば再びそれを取り戻すことが
できるのだろう。


心の中に潜む鬼を退治したら、真っ新な心で季節の春を迎えたい。

「おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます。」

関連記事
Comment
そうですね。心の中に棲む鬼なのかもしれませんね。いなくなってくれればいいのですが、どうも人間修行がたりない様で、なかなかサヨナラをしてくれません。せめて、他人様にみっともないところを見せないようにしたいものです。
  [URL] [Edit]
2013.02.05 Tue 11:00  サンタ #54eKsoAw
>AzTakさん
はい、子鬼のうちはまだカワイイのですが、大鬼になると始末に負えません。(苦笑)
毎日が心の中の鬼との格闘です。中国で言うところの仙人の境地に到達するには、
幻の蓬莱山を探し出すしか方法はなさそうです。(^^;
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/665-12c207df
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop