SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2012.12.06[木] 西安へ行こう!(6)

しつこいようですが、忘れた頃に引き続き(笑)西安旅行記です。

とりあえず(というかこれが本来の訪中目的)お茶のシンポジウムにも
参加したし、兵馬俑も見学した。
残る最後の目的は、もちろん法門寺訪問。(洒落じゃないよ:笑)

一般にはお釈迦様の指の骨が発見されたということで知られる法門寺ですが
お茶関係者の間では、陸羽の茶経に残される、唐代の茶道具類が発掘された
場所として有名なお寺でもあります。


法門寺02



法門寺03


中国の大きさを感じるというかなんと言いますか…。
日本の侘び寂びに通じるひなびた寺の佇まいはまったくありません。



法門寺01


法門寺04


お茶関連の図鑑などでも登場する茶道具類。実物を目の前にすると、やはり
心が踊ります。

法門寺は、西安から車で約2時間。少々時間がかかってしまうので、この日は
ここだけで一日が終わってしまいました。



が、ブログはとりあえず先を急ぎたいので、翌日、帰国前に訪れた碑林なぞ。
ここには1万1000余りの文物が収容されており、陸羽とも親交のあった顔真卿や
書の神様とも言われる王義之の石碑の書が見られることで有名な場所。
1944年、西安孔子廟の古代建築物群を拡充して、西安碑林博物館として設立した後
清の康煕年間に石碑の補修がなされ、乾隆年間には建物の大規模な改修が行われた
そうです。
康煕帝、乾隆帝、このお二人はお茶の世界だけでなく、文化芸術の世界にも
優れた功績を残しているんですねぇ。


碑林01


碑林02



碑林03



子どもの頃を思い出し、顔真卿の楷書と王義之の行書の書き方の手本を思わず買って
しまいました。(笑)
西安には国宝級のお宝が、あちらこちらにゴロゴロしていて、ゆっくり楽しむには
5日間では全然足りません。



最後に旅のこぼれ話。

空港への路の途中、ガイドさんにお願いしてちょっとだけ時間をもらって
回教徒(イスラム教徒)の町で下車+フリータイム。
西安の町はトラブルに巻き込まれる危険が高いのでという理由で自由行動が
許されなかったから、少しだけ私たちを自由にさせて~と。(笑)


回教徒の町01


皆さんが行きたかったのは、中国のコンビニ。なぜ!?と思ったのだけど
コンビニは地域色が出ていて、その土地ならではの物が見つかるからだそうで…。
バスを降りた近くにコンビニを見つけたので、皆さんに教えてあげたら
ドヤドヤと…。

ジイヤ先生と私はとりあえず外にいたのだけど、面白いもの見つけたっ!


回教徒の町02

豚の形の豚まん?とカボチャの形のカボチャまん?
カワイすぎる。
思わず写真を撮ってしまいました♪

そしたら、他の皆さんまで、私もわたしも…。
しかも、ケースの横に立って一緒に撮ってもらっているし。(ーー;

当然といえば当然なんだけど、お店の人に「ここで写真撮っちゃだめ!」
と注意されたそうです。
怒られた人たち、しょんぼりして店から出てきました。

確かに、日本でもコンビニの店内でいきなり外国人がキャーキャー言って
店の中で記念撮影し始めたら驚きますよねぇ。(笑)

写真を眺めていて「あー、なんで買って食べてみなかったんだろう?」と
今になって思い始めました。


なんだかんだと毎回何かしら事件が起こったり面白いことがあって
帰る場所があるからこそ、旅はやっぱり止められない。


セントレア

一路順風

来年もジイヤ先生、行きたい場所があるみたいです。

関連記事
Comment
 同じ場所に立ち沢山の石に記された書を…亀の上が多かったような記憶…随分と変わってきたものです…中国の人々が観光旅行をする様になってなんでしょうね♪
碑林、懐かしく♪  [URL] [Edit]
> 日本の侘び寂びに通じるひなびた寺の佇まい

確かにそうなんでしょうね。ですが、日本のお寺も決してほめられたものではありません。過度に観光寺院化していたり、どうしようもなく寂れすぎていたり、程よく宗教活動の拠り所となっている寺院はごく少ないように思います。
一握りの関係者が寺院を維持しているだけでは、葬式宗教に堕しても致し方のないところ。参禅会とか念仏講座とか、何故もっと積極的にやらないのでしょうか?
  [URL] [Edit]
2012.12.06 Thu 21:21  サンタ #54eKsoAw
>ひでわくさん
すごい記憶力ですね!
そうです、石造りのカメの上に乗っている石碑がたくさんありました。
写真の石碑は入り口のところにあったものです。
主要な石碑はガラスで覆われているため、写真を撮ったものの反射してしまい、駄作となってしまいました。(^^;
中国人の観光客もとても多かったです。
Re: 碑林、懐かしく♪  [URL] [Edit]
2012.12.06 Thu 21:28  サンタ #54eKsoAw
>AzTakさん

> > 日本の侘び寂びに通じるひなびた寺の佇まい
>
> 確かにそうなんでしょうね。ですが、日本のお寺も決してほめられたものではありません。過度に観光寺院化していたり、どうしようもなく寂れすぎていたり、程よく宗教活動の拠り所となっている寺院はごく少ないように思います。

観光寺院化+寂れすぎはまさにおっしゃる通りかもしれません。
クリスマスを祝い、寺で除夜の鐘を聞き、新年には神社に初詣、日本人の宗教的な緩さは良いところでもあり、外国人から見ると不思議な光景でもあり、でしょうか。
理想と現実のギャップはどこの国も抱える難しい問題なのかも…ですね。

Re: タイトルなし  [URL] [Edit]
2012.12.18 Tue 12:52  momin #e9zJuLFg
日本の寺院で侘び寂びに慣れたせいで、海外では異文化の発想にびっくりする寺院があって、面白いですね^^

ブタ(^0_0^)まん、かわいいo(^o^)o
このシーンだったら、多分、まず買って食べて写真、となるでしょうね^^♪
  [URL] [Edit]
2012.12.19 Wed 19:28  サンタ #54eKsoAw
>moiminさん
ぶたまん、買わなかったのは失敗でした。朝食後+昼食前のお腹満腹状態
だったので、食べたいという欲求を忘れていました~。
後になって買えばよかったと…。orz
次回訪中への宿題です♪
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/646-057787a0
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。