SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2012.04.28[土] Occupied Japan (占領下の…)

白洲次郎のことを書いた本は何冊か読んでいたのものの、白洲次郎が
書いた本というのをそう言えば読んでいなかったなとふと思い立ち、夜中に
ポチしたのは1ヶ月以上も前の話。

読み出したものの、次郎さん、文章の中でいつも政治や経済(界)に対して
怒っているんですね、これが。
だからと言うわけではないのだけど、ちっとも読み進まない。
やはり文章を書くのは正子さんに任せておいて正解かも。(笑)

そんな私の心中を他の誰が知っているわけもないのだけど、偶然にも
面白い物を頂きました。


MADE IN OCCUPIED JAPAN01


見た目は普通のティーカップ。
「サンタさん、中国茶だけじゃなくて紅茶も飲むでしょ。面白い物見つけたから」
と下さったもの。



MADE IN OCCUPIED JAPAN02


カップの裏側には『MADE IN OCCUPIED JAPAN』と書かれています。
『MADE IN JAPAN』ではなく『OCCUPIED JAPAN』。
つまり『占領下の日本』という意味になります。

この『MADE IN OCCUPIED JAPAN』は、日本が第二次世界大戦の敗戦後、
GHQの統治下にあった時代、日本の輸出品に刻印することが義務付けられて
いたそうです。
陶器だけではなく、Nikonのカメラやレンズなどにもそういうものがある事を
知りました。
http://www.nikon-image.com/enjoy/interview/historynikkor/2010/0621/

これらの製品は、海外への輸出貿易が再開された1947年から1952年、
日本が主権を回復できるまでのわずか5年間の間に製造された物のようです。
私たちは玉音放送のあった8月15日を「終戦の日」としていますが、1952年
4月28日にサンフランシスコ平和条約が発効され、日本が主権を回復しGHQの
進駐が終わったこの日を本当の意味での終戦とする考えもあるようです。

これらの製品は、日本が、日本であって日本ではなかった悲しい過去を
辛くても日本再生のための強さを蓄えた時代を、現在に伝える物たちです。
次郎さんも頑張りました…。(しみじみ) ←これはあくまでも個人的感情。

このカップで最初に何を飲もうか少し悩みましたが、東日本大震災の時、
いち早く何か力になれることはないかと心配して連絡をくれた、ネパールの
友人の茶園の紅茶を飲むことに。

ネパールは、2008年5月28日に240年間続いた王制にピリオドを打ちました。
4月28日のちょうど1ヶ月先のことです。
歴史に一つの区切りをつけるというのが良いことなのか、そうでないのかは
そこに住む人達にしか、本当のことは解らないと思います。
それでも、ネパールの人たちは、新しいネパールの再生のために苦しみながらも
未来への希望の道を歩んでいくことでしょう。

新しい日本とやがて来る新しいネパールの誕生日のために。
そして今ある自由と平和を祝して、乾杯。

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/579-5e2afbe0
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop