SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2012.02.20[月] 岩茶:不見天

昨日は二十四節気の雨水でした。
降る雪も雨に変わる頃だそうですが、今年は春の冷え込みが厳しく
真冬のコートがなかなか脱げません。

それにしても、二十四節気で季節を数えるとほぼ2週間で一つ、季節を
めぐることになります。季節の名残を惜しむ暇もなく、もうあと2週間も
すれば啓蟄。
お茶を飲んで、ホッと思っている間に、時間はまるでロケットのように
ビューンと過ぎ去ってしまいます。
早すぎる~。(笑)

青い空が恋しいこの季節。
2月(といっても残り半分もありませんが)と3月のお茶に「岩茶:不見天」
を選んでみました。

岩茶:不見天
中国茶の世界で、岩茶は「陽のお茶(身体を温めてくれるお茶)」としても
よく知られており、寒い時には積極的に飲みたいお茶の一つ。

大紅袍の原木の近くに位置する茶樹で、岩底に生えていると言われています。
そのため茶樹から天を仰ぐことができないため、「不見天」と名付けられた
とされています。

不見天を飲みながら、キラキラ眩しい春の日射しと青い空を思ってみる。
春はどこで寄り道をしているのかな。

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/561-79c565e2
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop