SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2012.02.07[火] 冬の花

学名、Chimonanthus praecox form. concolor。
「Chimonanthus」は、ギリシャ語の「cheimon(冬)」+「anthos(花)」が語源で、
それは「冬の花」を意味しているらしい。
(praecox:早咲きの  concolor:同色の)


素心蝋梅(ソシンロウバイ)

ジイヤさまのお家の庭からロ・ヴーにやって来た素心蝋梅。
蝋梅もまた中国から日本に伝わったものなので、別名「唐梅(カラウメ)」、
「南京梅(ナンキンウメ)」などとも言われます。


まだまだ寒い時期に蝋のような艶っぽい小さな黄色の花が、とても芳しい
香りを放つのが不思議。
花の寿命が近づくと、花びらに黒い筋のようなものが入ってくるみたいで
「ああ、もう終わりなんだ」と少し寂しくなります。

素心蝋梅の漢字を眺めていると「素(直)な心で」と語りかけられている
ような気持ちにもなります。
ひねくれないで、真っ直ぐな心と瞳でちゃんと色々な物を見つめないとね。

冬の花の季節もそろそろ終わり。
もうすぐ春ですね♪

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/557-3d465e83
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop