SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2011.12.30[金] 顔(visage)

少し前のことになるのだけれど、とあるお客様に言われた言葉。
「サンタさん、顔は大事にしなくちゃダメだよ。顔は貴方自身なんだから」

「かお?」いきなり唐突になんのことかと、思わず「大事も何も、顔は
変えられないんで。(笑)」と答えたところ、「その顔じゃないの、
顔立ちじゃなくて顔つきのこと!」と言われてしまいました。(笑)


「顔は、あなたの心をそのまま映す鏡だから、大切にしなきゃダメ」
そんな風に言われた今日の私はどんな顔をしていたのかな?
決して怒った顔や悲しい顔をしていたわけじゃないと思うのだけど。


大日如来 運慶

そして頂いた一枚の絵はがき。

以前「偶像崇拝という言い方は良くないかもしれないけど、人は何故
マリア像やキリストや仏像とか、そういう物に祈るのでしょう?」という
話題になった時に「別に仏像とかそういう物に祈らなくてもいいんだよ。
本当は何も無くても、自分の心の中でちゃんと心穏やかに静かに祈る
ことができればいいんだけど、人間の心は弱いから。だから何もない
よりは祈る対象が目の前にあった方が簡単だからね。別にこの目の前に
ある茶碗だって、急須だって何に祈ったっていいんだ、本当は。
でもね、やっぱり茶碗よりはちゃんと目があって鼻や口がある物に祈る
方が良いような気がしない?」と教えて頂いたのでした。

なるほど。

それを覚えていて下さって「もし必要な時はこれでも見ながら心を静め
たら?」と手渡してくれたもの。


ある日のこと、何気なくぼんやり見ていると、それがとても美しい表情で
あることに気が付きました。
とても穏やかで、顔立ちが美しいというよりも、やはり顔つきが美しい。
どうしたらこんな美しい顔になれるのかしら?と思い、そもそも仏像など
という有り難い物には縁のない私ゆえ、絵はがきの裏に書いてある文字を
頼りに少し調べてみたら‥。

真如苑という団体が所有している「大日如来坐像 運慶作」ということでした。
何でも2008年にクリスティーズのオークションで仏像としては最高額の
1437万7千ドル(約14億円 手数料込 :朝日新聞)で落札されたのだそうです。
14億円の顔、道理で‥。(^^;


鏡を見て、時々そこに自分の嫌いな顔の自分がいるのに気づくことがある。
もしかしたら、自分の好きな自分に出逢えることの方が少ないかもしれないと
年の瀬にふと考えてみる。

来年はもっと自分の好きな顔の自分に出逢えるように、少しだけがんばって
みようかな。
だって、ここにいる私は、いつだって私自身なんだからね。


新しい年が皆さんにとって、自分の好きな顔の自分で過ごせる1年に
なりますように。
そんな願いを込めて。

来年もどうぞよろしくお願い致します。
関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/548-e3a830b5
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop