SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2011.08.11[木] 我逢人(がほうじん)

我逢人


随分前「何か書が欲しいんですよね~」という話をしていたことがある。

その話を聞いていた方が「欲しかったらあげる」と言って持ってきて
下さったのが『我逢人(我人と逢うなり)』としたためられた書。

一瞬キョトンとした私の顔を見て「自分で言ったこと覚えてないな」と。

聞くところによると、この書は、とある団体の貫首様が新しく着任された
時に、お好きな言葉を御自らお書きになられたとか。


 人と人との出逢いの尊さを三文字で表した好きな言葉です。
 心と心の出逢い、物と物との出逢い、出逢いこそ命です。
 道元禅師様は、「まのあたり先師を見る。これ人に逢ふなり」
 中国で如浄禅師様との出逢いのお言葉です。


この言葉が添えられていました。

そんな有り難い物、私なんかが受け取るわけには…。
そう躊躇していたら「欲しいの欲しくないのどっち?」と。

「受け取るか受け取らないか」と聞かれたならば「受け取れない」と
返事のしようもあるものを「欲しいか欲しくないか」という質問は
ある意味、答えに窮してしまいます。

例えそれが「猫に小判」「豚に真珠」「馬の耳に念仏」という取り合わせで
あっても、それが有り難い物であればあるほど「欲しくない」「いらない」
と答えること自体が恐れ多いこと。

勇気を出して「欲しいです」と答えたら「じゃあ、あげる」と。

ジイヤ様は「よく受け取ったね」と半ばあきれ顔。

でもいいのです。
その方もおっしゃっておられましたが、これは縁があって私の元へと
やってきたもの。世の中の全ての事は、来るべくして持つ(待つ)べき人の
所に来るものなのです。それが人であっても物であっても。
正にこのことが『我逢人』の言葉のままなのです。

私が「大切にしなければいけませんね」と言うと「あなたの好きに
すればいい」と。
「私の手元を離れてあなたの物になった以上、私が何かをいう資格は
ありません。あなたがそれに火を付けて燃やそうと、ゴミにして捨てようと
表装して飾ろうと、それはあなたの自由にすれば良いんです。
だってあなたの物なんだから」。


『一期一会』にも似たその言葉は、出会いは大切だという意味よりも
さらに深く「あなたと出会った人(物)すべてをあなた自身と同じくらい
大切に思いなさい。
人との出逢いが全てのはじまり。
人との出逢いが何かを生み出し、あなたを深く大きく成長させてくれます。」
という意味を持つのだと教わりました。

いつか、私がこの言葉に相応しい人間になれるのかしら。
でもいつか、多分、きっと。
関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/513-d61ffbce
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。