SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2011.01.09[日] 香ににほひける

昨年末、お正月用にと出かけて偶然出会った、蝋梅とそして
レッドウィロー。

蝋梅


調べてみたら、蝋梅は「バラ科」ではなく「ロウバイ科ロウバイ属」
に属するらしい。
唐の国から渡ってきたため唐梅とも言うそうな。

そしてレッドウィローは、文字通り、赤(red)柳(willow)という
イラン産らしい柳の枝。

表面だけが赤くコーティングがしてあるのかと思いきや、
もともとの地が赤いのだった。

耐寒性があり、華奢な姿にも関わらずしなやかな強さを持つ
ため、リースや洋風なアレンジメントにも活躍をするようだが
今回は、あるがままの自然の美しさを楽しみたいと思った。

年末には固い蕾ばかりだった蝋梅も、ようやく蕾がほころび始め…。
甘い香りに心癒される今日この頃。



レッドウイロー


  人はいさ 心も知らず ふるさとは
           花ぞ昔の 香ににほひける
                       <紀貫之>


やはり匂い立つのは、梅でなくてはならない。

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/453-bda8d421
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop