SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2010.12.25[土] 余韻の楽しみ

スプレーバラ


エコポイントが終了した少し後、ようやくお店屋さんも日常を
取り戻した頃、念願の(?)デジタル一眼レフカメラを買った。

正確には、一眼ではなくミラーレスと言うのだと教えていただいた。

最初はちゃんとした一眼レフが欲しかったのだけど、毎日持ち歩く
ことを考えると、見るからに重そうでムリ。

お店で「なるべく軽いカメラ」と言ったら、一応、両者の違いの
説明をしてくれたのだけど「あなたはこっち」とミラーレスカメラ
の売場に連れて行かれた。(笑)

各メーカーの説明を聞き、ツイッターでも皆さんにいろいろと
教えていただき、最終的に決めたのが、Panasonic DMC-GF1。
通称「パンケーキ」と呼ばれる単焦点レンズがついているのだけど
後から出たGF2よりもGF1のレンズの方が良いよと言われたので、
じゃあそれにします、と。(笑)

レンズのことと解ってはいるものの「パンケーキ」と言うとどう
しても食べる方のパンケーキが頭の中に浮かんでしまい「メープル
シロップかけて食べたい」と思ってしまうので、困る‥。(^^;

今まで使っていたコンデジが、やはりPanasonic Lumix なので、
使い方も似ているかなと、両方を比べてみたりして遊んでいる。

この二つの一番の違いは、感覚的なものかもしれないけど、
シャッターを押した人差し指の感じ。

コンデジの方は、シャッターを押すと「カシャン」と下の方まで
降りる感じで、エンドラインまでしっかり来ているな、という印象。
一方、エセ一眼(と私は密かに呼んでいる)のGF1は、シャッター
を押した時に「カシャッ」で終わって最後の「ン」の部分がない。
もう少しこの後に何かがあるような、余韻というか遊びの部分が
残っているような気がしてならない。
思わず、もっとギュ~ッと深く押したくなるような。(笑)


白洲正子さんが『はさみのあそび』という文章の中で、花鋏では
「遊び」と言われる止め金の部分が一番重要だと教わった、と
言っている。

「ゾーリンゲンでもまったく同じ形の花鋏を作っているが、似て
非なるもので、日本のそれは‥ <中略> 重さもバランスも、
自分の手の延長のような感じがして、ただ弄んでいるだけでも
気持ち良い。」 <名人は危うきに遊ぶ 白洲正子著>

彼女は京都の安重刃物店さんの花鋏を愛用していたようで、さすが
としか言いようがないのだけど「手の延長のような感じ」という感覚
には憧れる。

コンデジにはない人差し指の感覚を、何とはなしに楽しみながら
そのうちに色々なカメラのシャッターを押してみたくなるのでは‥。

アブナイ、アブナイ。
道具という物は、お茶でもスポーツでも、どんなものでも
欲しい物がどんどん出てくる。
まずは自分の手の延長のように、GF1を使いこなせるようになら
ないと。
シャッターの余韻、大いに楽しみましょ。

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/448-c2775aa4
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。