SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2010.12.19[日] 泣かないで

およそ飲食業とは無縁で、飲食と言えば、専ら「飲む+食べる」
だけだった私。
そんな私に、プロのお菓子業界で働いていたというスタッフさん達が
これまでにたくさんの事を教えてくれました。

もう随分前のこと、ケーキに粉砂糖をふっていた時の出来事。

「sayさん、これ普通の粉糖だから泣いちゃいますね。」

「泣く?」と私。

「ケーキなんかにかけると普通の砂糖は溶けてしまうんですけど
その溶けることを『なく』って言うんですよ。だからケーキ屋さんの
ケーキのように、雪のようにちゃんと白く残る『なかない粉糖』って
言うのがあるんです。」

と教えてくれました。

「そっか、普通の粉糖だと泣いちゃうんだ。なかないふんとうね‥。」


製菓材料店で調べてみると、本当に「なかない粉糖」があって
それ以来、このけなげな響きの「なかない粉糖」という言葉が妙に
お気に入り。

ところが名古屋駅前の某ビルの地下にある製菓材料店で、以前
なかない粉糖の売場を尋ねたら「なかない粉糖ですか!?」と、
ものすごく怪訝そうな顔をされてしまいました。(笑)
品物の説明をしたら「ああ、溶けない粉糖のことですね」と一言。
だから、溶けない=なかないって言うんだってば‥。

実際に商品を手に取ってみると、確かに「溶けない粉砂糖」と
書いてありました。(^^;
まあ「溶けない粉砂糖」と言うので間違いはないのですけどね、
絶対に「なかない粉糖」の方がネーミングとしてはかわいいと
思うわけですよ、私としては。
でもその一件以来、この店では「溶けない粉糖」と言うように
気を付けています。
なんて意気地なしな私。(>_<)


この粉糖のことを教えてくれた彼女、今年はちょっぴり悲しい1年に
なってしまいました。
慰めの言葉が思いつかなくて「泣かないで」と言うほかありません。

なかない粉糖という言葉を見ると、彼女の優しい声が思い出されます。

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/446-b520c062
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop