SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2010.10.27[水] 手に汗握る

スポーツ観戦か、はたまたサスペンスドラマか、というほど
興奮、いえ緊張したそうです。

それは先週の水曜日、岐阜からの帰り道の出来事。
通常ならば、朝は私がJRで岐阜入り、ジイヤ様が車で岐阜入り。
帰りは、ジイヤ様の車に便乗してそのままお店へ直帰。

ところが今月は、お茶会やら小学校の授業でさすがのジイヤ様も
クタクタに疲れていたらしい。
どうにも眠くてしょうがない、ということだったので、運転手を
チェ~ンジ!

こう見えても私、ゴールドカード、いやゴールド免許保持者。
OLさん時代には、空港やゴルフの打ちっ放し、ちょっとそこ
まで、と毎週のように運転していたのですよ。

ところが、ロ・ヴーを初めてからというもの、運転する距離は
めっぽう短くなって、せいぜい自宅とロ・ヴーの間の40分弱、
もしくは近所の本屋さんかスーパーに行く程度。
でもまあ一応、安全運転なので。

人には誰でも弱点というものがあると思うのだけど、私の場合
どうも方向に弱いらしい。
岐阜からの帰り道も今ひとつ自信がなかったのだけど、まあ
ナビがあるし、大丈夫でしょっ、とジイヤ様には宣言したの
だけど、どうも信用されていないみたい。(^^;

運転する人は皆さん理解できると思うのだけど、人によって
ブレーキやアクセルを踏むタイミングが違う。
だから他の人の車に乗ると、自分の運転のタイミングと違う
から最初は結構疲れたりするんですよね~。

特に、今回は初めて運転する車だったので、アクセルの踏み込み
感覚やブレーキの利き具合などにも最初は慣れていない。

しかも、
ジイヤ様の指示する道は、ナビと違う。
「次右、右、そのまま右折」って言ったって「ナビは真っ直ぐって
言ってますけど」と思わず反論。
「こっちの方が近道だからいーんだ」と言われ、ナビはグルグル
再び道探し。

「寝ないんですかぁ?」という問いかけには「不安で眠れん!」
という失礼な返事。
その上、ドアの上についている取っ手みたいな所をしっかりと
握りしめたまま。

結局、ジイヤ様はお店にたどり着くまで一睡もせず。(笑)
(運転を代わった意味がないよ~)
無事到着してすぐに「この手を見てみろ!」と見せてくれた
左手は、あまりに力を入れて握っていたせいか、汗でシワシワ
になっていた。(笑)

「そこらのジェットコースターよりも、よっぽどスリル満点
だった」ですって。
安全運転なのに、何という失礼な。

そうこう言いながらも、今週の木曜日は日帰りで静岡へ。
再び、手に汗握るスリリングな旅となりそう。(笑)

世界お茶祭りのレポートは、後日また。
楽しみにしていて下さいね♪

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/431-4ec69bd9
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop