SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2010.09.30[木] 祈り

自分にとって重大な出来事が間もなくやってくる場合、
普段はすっかり忘れているにも関わらず、何故だか神様や仏様に
すがりたくなる。

そんな人はきっと多いのだろう、と思う。

もうすぐお茶会。
「失敗をする夢を見ちゃった」などという話を聞くと、何とも
切ない気持ちになる。
客観的に見て、とても実力があるにも関わらず、きっと謙虚で
真面目な人なんだろうな、なんて。

「お天気が良くなりますように」、「失敗しませんように」
「みんなにうまく指示が出せますように」。
たくさんの祈りが聞こえてくるような気がする。

そんな皆さまのために、こんな詩を。

  
  大きなことを成し遂げるために力を与えてほしいと、
  神に求めたのに、 謙遜を学ぶようにと、弱さを授かった。
  より偉大なことができるように健康を求めたのに、
  より良きことができるようにと病弱を与えられた。
  幸せになろうとして、富を求めたのに、
  賢明であるようにと貧困を授かった。
  世の中の人々の賞賛を得ようとして成功を求めたのに、
  得意にならないようにと失敗を授かった。
  人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに、
  あらゆることを喜べるようにと、生命を授かった。
  求めたものは一つとして与えられなかったが、
  願いはすべて聞き届けられた。
  神の意にそわぬものであるにもかかわらず、
  心の中の言い表せないものは、すべて叶えられた。
  私はあらゆる人の中で、もっとも豊かに祝福されたのだ。

     <愛することは許されること 渡辺和子著 PHP文庫>


J・ロジャー・ルーシーという神父によって書かれたとされている
この詩の原文は、セントルイスの街の、とある修道院にあるそう
です。

ニューヨーク大学のリハビリテーション研究所の壁に、ひとりの
患者がこの詩を残し『人生の祝福』というタイトルで知られて
います。

きっと、誰もの人生が祝福されている。
あなたも、私も。

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/422-dfa03ba5
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop