SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2009.12.16[水] プライスレス

少し前のクレジットカードのテレビコマーシャルに
大人になった自分が小学生の息子を連れて、郷里に住む
両親を訪ねるというストーリーがあった。

途中の道すがら、父へ、母への土産を購入していく。
そして家に到着し、孫が笑顔で挨拶をすると同時に流れる言葉。

 「とびきりの笑顔、プライスレス。
        お金で買えない価値がある。
  お金で買えるものは ○○カードで」  というものだ。


カサブランカ

ベトナムから帰国してすぐに、お客さまから美しい
カサブランカをいただいた。
そう、ダラットのソフィテル・パレスのロビーを飾っていた
あの輝くばかりの白く美しい花だ。


訪問したジリンの茶園で、まだ製造工程中の茶葉を一掴み
いただいた。
萎凋の後の殺青と揉捻途中のまだ未完成の茶葉。
工程の途中であっても、香ばしい香りが鼻腔をくすぐった記憶が
懐かしい。


ベトナム四季春

ビニール袋に入れて持ち帰り、帰国後しばらくして、試しに
ちょっと焙煎をかけてみた。
すでに酸化してしまって、もうダメかな?と思ったものの、
ほどよく乾燥した茶葉からは、再びあの芳しい烏龍茶の香りが
漂い始めた。

できあがったお茶を飲んでみたら、文山包種茶にも似た、
ほんのり優しい甘くすっきりとした香りと味わい。
茶園での風景を思い出しながら頂くお茶は、しっとりと美味しい。

今回、ベトナムに出かけるにあたり、出発前から「フリー
タイムではどこに行こう、何をしよう」と夢を膨らませ、
旅先ではお天気に恵まれたおかげもあるだろうが、終始笑顔で
楽しく過ごし、帰国後はお互いに撮し合った写真の交換を
しながら楽しかった思い出に浸り‥。

「旅は良いですね。1回で3度楽しい。」と言った人がいたが、
まさに当を得ていると思った。


昔、上司に教えられた言葉がある。
「お客様が旅の途中、写真のフィルムをなくされないよう
細心の注意を払え。これだけは代替えがきかないから」
山ほどのフィルムを忘れないよう大事に抱えていた、
フィルムカメラが全盛時代の話。

代替えのきかないもの。
そう、楽しい旅の思い出、プライスレス。

次の思い出も、皆さまとご一緒に。

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/329-76dae037
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。