SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2009.10.30[金] 覚王山の秋

10月中旬頃から12月の中旬にかけて毎年恒例『文化の里』という
イベントが開催されます。
ロ・ヴーはお茶屋さんということもあって、毎回この文化活動に
参加しています。
(というか半分強制的に参加することになっている:笑)

ロ・ヴー以外でも様々なイベントが開催される予定で、
個人的に興味があるのは「揚輝荘 蒔狂言(11月22日)」と
「相応寺 茶筅供養と聲明コンサート(11月29日)」。

揚輝荘は、覚王山で私が二番目に好きな場所。
(株)松坂屋創始者の15代伊藤次郎左右衛門氏の別邸でしたが、
平成18年に、名古屋市に寄贈されました。
現在は、聴松閣、揚輝荘座敷、伴華楼、三賞亭、白雲橋が
名古屋市の市指定有形文化財に指定されています。

北園はいつでも好きなときにちょっと歩いて遊びにいけるけど
南園は普段は勝手に入園することができません。
年に何回かガイド付きの見学会が開催されているのだけど
事前予約制のため、徒歩2分の場所に在るにも関わらず
未だ見学できず。(涙)
ボスは、初期の頃「揚輝荘を守る会」の方に誘われて
いち早く見学をしたというのに!

今年は『文化の里』で、何回かイベントが開催されるようなので、
ちょっと早起きして出かけてみようかな?なんて密かに
思っています。

この期間「覚王山秋祭(10/31・11/1)」や「参道ミュージアム」
などのイベントも開催されます。
参道ミュージアムは、日泰寺への参道をアートで飾ろうという
趣旨のものだと思うのですが、凡人の私の感性では??な作品も
多く、理解が出来るまでには長い修行が必要です。(笑)

さて、気になる揚輝荘のイベント開催日は下記の通りです。

 ●10/31(土)、11/1(日)揚輝荘秋の文化祭
 ●11/21(土) 揚輝荘市民茶会
 ●11/22(日) み・ちくさ歴史散歩
 ●11/29(日) 紅葉を楽しむ会2009 in 揚輝荘

予約が必要な場合もありますので、ご興味のある方はウェブで
詳細を確認して下さいね。
http://bunkanosato.jimdo.com/

ところで覚王山で私が一番好きな場所がどこかって?
もちろん、ロ・ヴーに決まっているじゃありませんか!(笑)

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/313-67950f42
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop