SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2009.10.12[月] 夢の競演

いろいろご意見はあるでしょうが、夢の競演と言えば
やはり、今は亡きパバロッティ、ドミンゴそして
カレーラスの三大テノールのお三方でしょうか。

1997年のナゴヤドームのこけら落とし公演の一つに
パバロッティのコンサートがありましたが、もちろん
チケットなど手に入るはずもなく。
その後のメトロポリタン歌劇の来日公演でも、チケットは
かなりの高額にも関わらず、あっという間に完売。
オペラファンってすごいのね、などと思ったものです。
(私はちょっと見てみたいな~と思っただけ(^^;)

さて、オペラではありませんが、この季節の『夢の競演』
と言えば‥。

秋の味覚の栗。
そう『栗きんとん』です。

栗きんとん


左から、恵那の寿や、奥が八百津の緑屋老舗、そして
右が中津川の川上屋。
前から食べ比べをしてみたかったのですよねぇ。
その夢を叶えて頂いて「盆と正月がいっぺんに来た」と
いう心持ち。(嬉)

せっかくなので、轆轤の筋目が残っている感じが気に入って
いる常滑焼きの朱泥の急須に、九州土産の嬉野茶で、夜中に
まったりと楽しませていただきました。

お茶が日本に広く伝わるきっかけとなったのは、1191年、
栄西が佐賀県の背振山に植えた事に始まるとされています。
嬉野茶は、佐賀県で作られる日本では数少ない「釜炒り茶」の
代表格。三重県の尾鷲市や岡山県でも釜炒り茶が作られている
そうですが自家消費用としてが大部分で、一般市場に出回る
ことはあまりないようです。


さて、肝心の栗きんとんのお味はというと

1)恵那:寿や
久しぶりに食べたのですが、前よりも栗のツブツブ感が残って
いるように思いました。3つの中では一番甘味が強い感じ。
砂糖独特の蜜っぽい甘味が口に残る印象です。

2)八百津:緑屋老舗
某料亭の女将さんがご友人の方から頂いているのを目撃して
以来、興味津々だったのですが、甘味は控えめで栗の「渋皮煮」
を思わせるような後味があって美味しかったです。
栗本来の美味しさが味わえる感じ。

3)中津川:川上屋
一番素直な美味しさの栗きんとんに思いました。
甘さ加減も丁度よく、栗のツブツブのサイズとかもよく考え
られているな、という印象。


いずれも甲乙付けがたい美味しさですが、強いて言えば
小学生の甥や姪は、少し甘味が強くてしっとりめの「寿や」
が一番美味しいと思うのではないかと思いました。

「川上屋」のきんとんは、絶対にはずしのない安心の美味しさ。
万人受けしそうです。

但し、個人的には栗本来の素朴な素材の美味しさが感じられる
「緑屋老舗」が一番のお気に入り。


栗きんとんに負けないくらい美味しかったのが嬉野茶。
釜炒り茶らしい芳ばしい香気があり、緑茶の持つ甘味と
渋味が同時に舌の上に広がる美味しいお茶でした。

家族は、一気に3つも食べるなんてと半ば呆れていましたが
お腹の中は、ベルリンフィルかウィーンフィルかといった
何とも贅沢なシンフォニー。
きんとん1個あたり、概ね25g前後。
体重が増えても75g程度、と思うことにしておいて。(笑)

盆と正月、ごちそうさまでした!

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/307-ee52bcce
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop