SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2009.07.14[火] 空港での出来事

早朝のホーチミン市、タンソンニャット国際空港。

チェックインを済まると、朝早かったせいもあり搭乗時間までまったり
と過ごす。
まだ半分寝ぼけた頭に、どこかで聞き覚えのある怒鳴り声が
聞こえてきた。
声はベトナム航空のチケッティング・カウンター方向から聞こえてくる。
そう、それは、ボスがみんなの為に「予約の再確認」へと向かった
カスタマー・サービスのカウンターだ。

実は、昨日フエでガイドさんからアドバイスをされたので
「一応、予約の再確認をしよう!」と言うことに相成った。
フエの空港で申し出たら「ここではできないのでホーチミン・シティ
でやってくれ」と言われた。
こちらにしてみれば、オンラインで繋がっているコンピュータを
ポンポンと叩けばできるじゃないかと思うのだが、できないと
言うものは仕方がない。
タンソンニャット空港ではできるのかと訪ねると「できる」と言う。

で、ホーチミン市に到着してすぐに空港で確認したら、空港内
オフィスへ行けと言われた。
だからそのコンピュータの記録を確認OKとしてくれれば
よいのだと思うのだが、あきらめてオフィスへと向かう。
オフィスはガランとしていて、なんとなく嫌な予感。

案の定、ここにはスタッフがいないので、シティのオフィスに
電話をしてくれと言われた。
ボスがしびれを切らして「この時間、シティのオフィスは営業
しているのか!?」と聞くと「やっていない」との返事。
やっぱりね。(苦笑)

そんなこんなで、今朝、ダラットへ飛ぶ前にカウンターが開いて
いれば確認をしておこうという事になったのだ。
確かにチケッティング・カウンターは混んでいた。
それにしてもボス、戻ってこないなぁ‥。

少し不安になって「私ちょっと見てきます」とボスのいるカウンター
へと向かった。
見ると丁度ボスがスタッフと確認作業をしているところだった。
「えらく時間がかかましたねぇ」と声をかけたら、自分の前の
男性も外国人だったのだが、彼の前にベトナム人がドンドンと
割り込みをして順番を守らなかったのだと憤慨していた。
その外国人が「次は私の順番だと思いますが、何かおかしいですよね」
と訴えてきたのだと言う。
「もしかして、さっき大きな声で怒鳴ってました?」と聞いたら
「当たり前だ!ど叱ってやった」と答えた。
「で、どうなったんですか?みんな驚いてました?」
「当たり前だ!ようやく僕の番になった。でないと永遠に順番
なんか来ん!」
ボス、ストレス発散できて良かったですねぇ。
空港中にボスの声が響いていましたよ。


予約の再確認を終え、搭乗ゲートへ。
飛行機へはバスで向かう。
相変わらず白人観光客が多い。
しかも、早朝というのに意外にバスの中は結構混んでいる。

我々の近くに一つだけあった空席に、白人の男性が彼女を
座らせてあげていた。
その横には、随分前からそこにいたのだろうと思われる
ベトナム人(多分)男性が座っていた。
テニスの錦織圭選手になんとなく雰囲気の似た、ちょっと
カッコイイ子。

気が付くと、その彼がチラチラと私の事を見ている。
ボスに「気のせいかもしれないんですけど、あそこの彼に、
何かすごく見られている気がするんですけど‥」とボソボソと
伝えてみた。
当然の如く「気のせいに決まってるだろ」と冷たく言われたのだが、
でもなぁ‥と彼の方に視線を移すと、思わず本人と目が合って
しまった。
すると彼はおもむろに席を立ち、私にここに座れと言うのだ。
「ええ~!」私に席を譲ってくれるの?!

ほんの一瞬、躊躇はしたものの、かたくなに遠慮して周りを
白けさせることもない。
ありがたく座らせていただくことにした。
私の人生において、乗り物の中で男性から席を譲っていただいた
経験は、過去に1回だけ。
今回で2回目の体験。
こういうのって、ものすごく幸せな気分になる。
(念のため、私が年寄りだから譲ってくれたのではないですよ)

彼はというと、通路を挟んで反対側に座っていたカワイイ
ワイフとベイビーの前に立っていた。
な~んだ、ワイフがいるんだ。ガッカリ。

ふと我に返ると、右隣に座っていたアメリカ人らしき白人の
彼女と目が合った。
思わず二人でニッコリと微笑んだ。
きっと彼女もベトナムが好きになったに違いない。

バスを降りるとき、彼に再度「サンキュー」とお礼を言った。
錦織君似の彼は「ウェルカム」と爽やかな笑顔で答えてくれた。

旅の途中のこういうステキな出会いを「天使に出会う」と
いうらしい。
たった10分間のサイゴンの天使。
これを「幸せな旅の予感」と言わずして何といえば良いのだろう。

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/271-8ef28ed0
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。