SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2009.06.11[木] 6月のお茶

ついに東海地方も梅雨に入りました。
今日は早速の雨。
シトシトと降り続く雨も嫌いではないけれど、洗濯物が
乾かなくなるので、それだけがちょっと憂鬱。

いつも慌ただしい気持ちですごしているのに、雨が降ると
何となく少しだけのんびりした気分になります。
雨の音のせいでしょうか‥。

そしてこんな時は、からっと芳ばしい焙煎のかかった岩茶が
飲みたくなります。
2ヶ月ぶりに復活の今月のお茶。
6月のお茶は、独断と個人の好みで(笑)『岩茶:半天腰』。

岩茶:半天腰02

陸羽の著した『茶経』によると、お茶は、陽崖陰林に生息する
ものがよいとされていますが、この『半天腰』は、午前中の半日
だけしか太陽に当らないということから、この名前となったと
言われています。
つまり、午前中の柔らかな日射しを浴びながら育ち、午後は
日陰に守られながら美味しいお茶へと成長するのだそうです。

味わいをロ・ヴーにある他の岩茶と比較すると‥

岩茶:半天腰01

鉄羅漢や肉桂のようにどっしりとした厚みや深みはありません。
四大岩茶の仲間、水金亀や白鶏冠のような軽い味わいではなく、
夜来香や奇蘭のようにモダンで甘い香りというよりも、本来の
岩茶らしいシンプルで素直な香り。
「そうそう、岩茶って元々はこんな味だったような気がする」と
思えるような、基本に立ち返ることのできる、素朴でしみじみと
味わいたいお茶。

ボスからの中国土産の最新情報によると、何でも四大岩茶に
この『半天腰』が加わって、五大岩茶になったとかならないとか。
いつからそんな話になったのかしら?
もしそれが本当の話なら(近い将来そうなるとしたら)、テキスト
また作り直さなくちゃね。

『岩茶:半天腰』は6月限定メニュー。
1000円でお試しいただけます。

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/258-89253c82
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop