SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2009.05.29[金] お茶会 名脇役たち(2)

プリュノーと花

お茶会で「茶菓」といえば、脇役どころか準主役。
何度か試作をしてもらい、サイズや形がようやく決まった
今回のお菓子たち。

パティシエールは、ロ・ヴーの元スタッフ。
現在は、ご主人の仕事の関係で出身地でもある東京に在住。
東京のとあるケーキ屋さんで働いているれっきとしたプロです!

ちなみにこのお菓子は『プリュノー』。
お隣のアレンジの花材は、
1)てまり草、2)紫蘭の葉、3)ベルてっせん、4)利休草、
などでできています。
利休草を最初に見たとき、「もうこれはお茶会に使うしか
ない!」と。(笑)

3種類のお茶に合わせたお菓子は、どれも本当に美味しくて
お客さまの評判も上々でした。

『翠』のお菓子。

ディアマンとシュトルデル


『ディアマン』は、ほろほろと口の中でくずれるような優しい食感。
まるで心の中で温めていた小さな決心のように、もろくて儚い
お菓子。
黒糖のシュトルデルは、カリカリとした軽い食感で、黒糖の濃厚な
味わいが力強さを与えています。
崩れそうな決心を支えてくれる強い意志を思わせるようなお菓子。
そう、ディアマンとは正反対のお菓子です。
どちらも私のお気に入り。



『碧』のお菓子は『ダブル・ショコラ』。

ダブル・ショコラ


茶席の担当から「ビターなチョコレートケーキを」というリクエスト
があったので、カカオの含有量をいろいろ試して70%に決定。
チョコレートケーキの中に、チョコチップが入っていて、まさに
ダブルショコラ。
カカオの風味がしっかり効いているのに、嫌みな苦味や酸味は
全く感じられず、とてもバランスのよい味わいでした。
常温でも美味しいけど冷やして食べても美味しいのです。



そして『青』のお菓子。

プリュノー


お菓子の上にはウーロン茶(鳳凰単叢)に漬け込んだプラムを
トッピング。
粉を使わない蜂蜜風味のお菓子で、プラムの甘みが口に
残らないのは、ウーロン茶に漬けてあるから?
しっとりとした食感と味わいです。


さすがにお茶席では、写真を撮ってもらうことも出来なかった
ので、写真は事前に撮影。
本番の仕様とは若干異なります。

それぞれの席では異なるBGM。
音楽を聴きながら、おいしいお菓子を食べつつお茶を飲む。
美味しいお菓子はどれも主役級です。
お菓子の人気投票もしていただけばよかったかな?

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/252-e92d50e5
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop