SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2009.01.26[月] じまんの草餅

実は「お餅大好き」である。
幼少の頃は、年末になると母親の実家に親族一同集まって
餅つきをしたもの。
もちろん、石うすと杵を使ってまじめに餅つきをするのだ。
鏡餅やのし餅など、親族分を共同作業で次々と仕上げていく。
一仕事終えた後、ようやく腹ごしらえ。
つきたてのお餅に、あんこや大根下ろし、砂糖醤油など
それぞれが好みの物をつけていただく。
これが妙に美味しい。

お正月、父親の実家に行ってもやっぱりお餅。
囲炉裏で焼くお餅がこれまた美味しい。

お餅には、子どもの頃の楽しい思い出がたくさん詰まって
いるせいか、大人になった今でもやっぱりお餅好き。
習慣とは恐ろしいもので、1月はなんとなく『お餅月間』
なのである。

そんなある日、『じまん』というおそれ多い名前の草餅を
頂いた。

正式には『向じま 志”満ん草餅』というらしい。
東京墨田区のお店で、「志」の文字に「”」をつけて「じ」と
読ませるようだ。
説明書きによると屋号の『志”満ん』は自慢を意味する
言葉ではあるものの<それはうぬぼれの意味ではなく、
自戒の心を常とし、精進怠りなく草餅を作る『志』を込めた>
とあった。

草餅には2種類あり、一つは普通に小豆あんの入っているもの。
もう一つは、あんこは入っておらず、好みで白みつをかけ
きな粉をまぶして頂く。

志満ん草餅


一口ほおばると、よもぎの香りが口の中から鼻腔にぬける
ように広がる。
よもぎのミドリを感じつつ、その後を追うように続く小豆あんの
ほどよい甘さ。
あんこなしの方は、そのままお餅勝負といった感じではあるが
やはり白みつときな粉と一緒に味わいたい。

こういう時が「日本人でよかった~」と思う瞬間である。
この美味しさ、日本人にしかわからないでしょうねぇ。
これに美味しいお茶があればもう完璧、なのだ。

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/203-bfe21cdf
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop