SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2008.01.31[木] 今時の若者 VS 昔の若者

通勤ラッシュを少し過ぎた頃の地下鉄、いつもの私の通勤パターンだ。
少しスペースに余裕のある地下鉄の中では、時々思いがけない風景に出会うことがある。
少し前のことになるが、頭が3色の男の子(学生さん?)が座っていた。メインカラーは金髪で、トップのあたりが赤、バックの毛先の方が緑色。かぶり物なしでモーツァルトの魔笛に出てくる『パパゲーノ』になれそうだなぁ…と眺めていたら、やおら立ち上がり、なんと自分の前にたっていた初老の女性に、恥ずかしそうに席を譲った。

おやおや、ずいぶん見た目と違うではないか。「今時の若いもんは」とよく言われれるが、なかなかどうして、まだまだいけるではないですか。少なくとも、その近くに座って、知らんぷりをしていたスーツ姿の「昔若者だった男性」や俗に「おばさん」と言われる世代の女性よりは、しっかりしている。

そしてつい最近、やはり今時のアーティスト系の男の子が、近くに立っていたお年寄りの女性に、もじもじと席を譲っていたのを目撃。
どう見ても、この女性の方が若者よりも元気で健康的だったのだが、この際細かいことは置いておいて、なんともほほえましい光景だった。
続いて、近くにいた「昔若者だったスーツ」も負け時と別のお年寄りに席を譲っていた。スーツは何となくうつむき加減で「どうぞ」みたいな。
殺伐とした世の中とは言いつつも、みんな優しい。

こうやって見ていると、昔も今も男の子(だった人も含めて)は、シャイな人が多いのかなぁ。
同じ席を譲るとしても、女性の場合は「ここ座って下さい。」ってはっきり言っている人が多いような気がする。それに反して男の子は、恥ずかしいのか、もじもじとしているように見えるのだ。
かぶり物風もアーティスト系もちょっとくたびれたスーツも、例え見た目がどうであれ。

こういう風景を見るたび、反省しなければいけないと思ってしまう。
一方的に流されてくる情報だけを鵜呑みにして、「今時の若者は」とか「今時の○○は」と言ったような、十把一絡げ的に物事を見てしまうとこが往々にしてある。
例え何かが起こったとしても、それはごく一部の人々の話で、全体から見ればほんの一握りのことでしかないのではないか。
その中に属するからといって、すべての人々や全部のことがそうであるとは限らないのだ。

そういう大切な事を気が付かせてくる朝の地下鉄は、実はお気に入りの風景のひとつなのである。
関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/18-3231e7c6
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop