SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2008.11.14[金] 京都 紫野

なぜか最近、私の周りではまたまた密かな京都ブーム。
11月も下旬になれば、そろそろ紅葉の話も聞こえてくるので
この時期「京都の紅葉を」という人が増えるのもなんとなく納得。

随分前の話になってしまいますが、京都のお菓子で
「マイブーム」となったのが松屋常磐の『紫野味噌松風』という
和風のカステラのようなお菓子。

事前に予約をしないと購入できないのが、「相変わらず京都」
ではあるものの、名古屋だと配送もしてくれるので、お取り寄せを
してしまったくらい気に入っていたお菓子の一つです。

常磐さんの味噌松風の話をしたら、こちらのも美味しいですよと
頂いたのが、松屋藤兵衛の『紫野味噌松風』。

松屋藤兵衛:紫野味噌松風

こちらの方がしっかりした食感で、大徳寺納豆が入っているため
独特の塩味というか納豆のほろ苦い余韻が残る味わい。
常磐さんのモチモチとした食感とシンプルな味わいと比べて、
香ばしさといい後味といい、藤兵衛さんの方がしっかりとしている
ので、その時の気分に合わせて選ぶとよいかも。

「紫野」と言えば、名古屋駅のミッドランド・スクエアにもある
紫野和久傳も有名ですね。
やはり頂き物だったのですが、「西湖」というれんこんのお菓子は
つるりとした舌触りで優しい味わいでした。

京都で「紫野」とつく名前のものがいつくかありますが、思うに
どうもこれは「北区紫野」という地名から来ているようです。
「紫野」というのは地名なのですね。

それでも私の中では「紫野」という言葉は、遙か昔の蒲生野での
遊猟のことが真っ先に心に浮かびます。


   『茜さす 紫野行き しめ野行き
         野守は見ずや 君が袖振る』 (額田女王)

   『紫草(むらさき)の にほへる妹を 憎くあらば
          人妻ゆゑに 吾恋ひめやも』 (大海人皇子)


「茜さす」とは茜色の空をさすのか、それとももっと別の意味が
あるのだろうか、などと思いながら、蒲生野の5月の、茜色に
輝く空と紫草の白を映す夕焼けというのを想像してみました。

蒲生野は、今の滋賀県の湖東部のようですが、当時の
「紫草の野」とはどんな風景だったのでしょうか。
遠い昔、中国が唐とよばれていた頃にあった、日本でのお話です。

関連記事
Comment
2009.04.11 Sat 00:31  紫苑さん #-
紫野とは、昔から京都に咲くキク科の野花「紫苑」が咲き乱れていた場所ということを聴いたことがあるのですが、本当なのでしょうか。
知りませんか?
京都の地名「紫野」と、花の名前「紫苑」の関係  [URL] [Edit]
>紫苑さん
残念ながら「紫野」の地名の由来については詳しくありません。
ちょっと調べてみたのですが、紫野は、平安初期に朝廷の遊猟地
があり、付近に朝廷の薬園があったことにも関連があるようですね。
例えば、紫野の一部にあたる蓮台野と呼ばれる一帯の名前の
由来は、定覚上人が念仏の講を催したところ、仏の世界に咲く
という蓮華(レンゲ)が生じたという逸話によるそうです。
そう考えると、キク科の紫苑が薬草として中国から日本に渡来
してきたとして、平安時代にはすでに栽培されていたようです
ので、紫苑さんのおっしゃるように、朝廷の薬園に紫苑が
咲いていた可能性は十分考えられると思いますが、どうなの
でしょう。
定かではありません。

もう一つの説として、鳥辺野、化野と並び葬送の地として
知られていたというのがあります。
すでにご存じかも知れませんが、「浄土から仏たちが乗る
紫雲のたなびく地」というものです。
もしかしたら、こちらの方が有名かもしれませんね。

『地名で読む京の町:PHP研究所』という本に京都の
地名の由来や歴史などが書かれていますので、まだ
お読みでなければ一度目を通されてみてはいかがでしょう。

もしチャンスがあれば、紫野界隈の老舗さんで、比較的静かな
時間帯を利用してお買い物をしつつ、お店の人に聞いてみると
意外な事実がわかるかもしれませんね。
地名の由来  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/173-1f21d5fd
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop