SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2008.10.26[日] 台湾紅茶と魚池

10月25日付の中日新聞朝刊に『「台湾紅茶の父」日本人胸像除幕』
という小さな記事が載っていた。

ここで紹介されている「茶業改良場魚池分場」は、今年7月
台湾研修でボスや皆さんと一緒に訪問した「行政院農業委員会
茶業改良場魚池分場」のことだ。
(その時の様子はこちらでご確認下さいね。)

台湾紅茶の基礎を築いた日本人、新井耕吉郎さん(1904-1946年)
というのは、魚池の茶業改良場を訪問した時にもその貢献度に
ついてお話を聞いていたので、胸像を作るという行為そのものに
理解はできるものの、生誕○年とか、初めて品種改良に成
功した功績を讃える記念というような類でもなさそうだ。
記事にはそういった詳細情報がない。

どうして今、新井さんの胸像を作ることになったのか?
という素朴な疑問にぶつかる。
少し調べてみたところ、こんなところに詳細記事が。

<東京新聞>
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008093002000253.html

ああ、この風景、懐かしいなぁ。
この職員さんにも何となく見覚えが…。

同じように疑問に思われた方、少しはスッキリされましたでしょうか。

関連記事
Comment
私も素朴な疑問をもっていました。
詳細記事を見てすっきりしました。
改良場から見下ろした茶畑の様子がなつかしいです。
職員さんは、案内してくれた方のような気がします。
  [URL] [Edit]
説明をお聞きしたとき、特に「今年は記念すべき年だ」などと
いうことは一言もおっしゃっていなかったように思ったので、
どうしてかなぁ…と不思議に思っていました。

ちゃんとそこに至るまでのhistoryがあったんですね。
そうですよね~  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/164-6ddc766e
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop