SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2008.10.21[火] ローズマリーのなぞ

青空が広がる暖かな秋の日の翌朝、店の前を掃除していると
いつも気になることがある。
ローズマリーの花びらがものすごくたくさん落ちているのだ。
雨の日の翌日や少し肌寒い日の翌朝には、こんな風に
たくさんの花びらが落ちていることはない。

ほうきを片手に「なぜ?」
そんなある日、昼間に店の前の植栽を眺める機会があった。
ふと見ると、蜂が1匹、2匹、ローズマリーの花の蜜を集めている
みたい。
こんな時期にもまだ蜂がいるんだ。

しつこくじっと見ていたら、蜂が花から飛び立つときに
小さなローズマリーの花がホロリ。
花から花へと蜂が移る際「ヨイショ」とジャンプするまさにその時、
次から次へハラハラと花が散ってしまっている。
「君たちだったのか、犯人は」などと思いながら、打ち合わせ
の話は半分上の空。

かいがいしく一生懸命に集められた花の蜜は、一体どこに
運ばれているのだろう。
ローズマリーの蜂蜜ってどんな味なのか、ちょっと興味も
そそられる。
そういえば最近「養蜂器具セット」なるものが密かに流行って
いるらしい。
家庭菜園だけではあきたらず、いよいよ蜂蜜も自分たちの手で
作る時代が来たのだろうか。

「黒い物には蜂が向かってくるので、庭仕事をするときは帽子を
かぶった方がいいですよ。」という声でハタと我にかえる。

「黒はよくないですか?」と聞いたら
「蜂の天敵は熊ですから、クマって黒いですよね。だから黒髪を
熊と勘違いすることがあるんです」と教えてくれた。

「クマ、ねぇ。」
私を熊と勘違いしますか、この蜂くんたちは。
ロ・ヴーには、他に熊っぽい人がいると思うのだけど、まあ
これは私の心の中にしまっておきましょう。

それにしてもロ・ヴー産ローズマリーの蜂蜜、どんな味がする
のでしょうね。

関連記事
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/tb.php/162-847544f3
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop