SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2017.06.27[火] 鞦韆(しゅうせん)

 春夜

  春宵一刻値千金
  花有清香月有陰
  歌管楼台声細細
  鞦韆院落夜沈沈

       <宋:蘇軾>


清明上河図
<Photo by Makoto. K>


『鞦韆』とはブランコのこと。
古くは「ふらここ」とも言ったそうです。


昔、ブランコは、中国では女の子の遊具でした。
『寒食』の頃、宮廷では女官がが鞦韆で遊ぶという行事がありました。
鞦韆を漕ぐその翻った衣装の裾から、チラリと見える足を
皇帝が気に入ったなら、夜、お声がかかる可能性がある。
そんな艶めかしい謂われのある遊び道具だったのだとか。


 -春の夜はほんのひとときでも千金に値するほど素晴らしい。
  中庭にはひっそりとブランコがぶらさがり、夜が静かに更けていく。-


蘇軾が詠うように、ブランコは春。
もしかして『清明上河図』の中にも鞦韆があるのでは?
とジイヤ先生が言うので、探してみました。


清明上河図


ジイヤ先生の言うとおり、鞦韆は、ちゃんとありました。

お茶会のためにあれこれと調べていると
いつも新しい発見があります。


ブランコも、お茶と同じように、中国から日本に伝わってきました。

日本の文献では、平安時代、嵯峨上皇の「鞦韆篇」で、はじめで鞦韆が
登場するようです。


 幽閉人、粧梳早、正是寒食節、共憐鞦韆好、長縄高懸芳枝。

 - (冬の寒さに)閉じ込められていた人々よ、
     朝早くから化粧をし髪を梳いて、
     今この寒食節の日に、共に鞦韆(ぶらんこ)を楽しもう-  


何かを調べるというのは、なかなかの重労働ではあるけど
知らなかった世界の扉を開けて、新しい世界が広がるような
そんな気持ちになります。

次回は秋のウサギ茶会。
どんな世界が待っているのかな。

By. サ
スポンサーサイト
    00:00  Top

2017.06.05[月] お茶会のテーマ『清香』

4月、5月は新茶の季節ということもあり、年度の初めでもあり
両手にあれやこれやと荷物を抱えて、全力でマラソンをしていた
ような2ヶ月でした。

雨の季節の前に、ようやくヤレヤレ。
そんなわけで、お茶会の続きです。



さつき市民茶会
<Photo by Makoto. K>

白鳥庭園のお茶会は、そのほとんどがお抹茶の茶会ですが
毎年、毎回、どの席も、茶の湯の茶席のテーマはほぼ固定です。
最初の頃はあまり良く解っていなかったので、中国茶席は毎回
テーマを変えていました。

ある時、中国茶の席だけテーマが変わると、もしかしたらチラシの
作成が遅れたり、安定せず落ち着かないと思われるかな?と心配になり、
ここ3年ほどは、同じようなテーマとお菓子にするようにしていました。
(まあ、その方が自分たちも楽ですしね)

ところが、今回、打ち合わせの時、所長から「中国茶席にいらっしゃる
お客様は、先生のお話も楽しみにいらっしゃる方が多いみたい
ですので、毎回違っても良いというか、違う方が喜ばれると思います」
といきなりハードルを上げられました。

えーっ!
日本茶は、いつも毎回同じなのに~。
とも言っていられません。


いろいろ考えて、今回の茶席のタイトルを『清香』としました。
中国茶の、瑞々しく清らかで、それでいて豊かな香りがイメージです。


 春夜

  春宵一刻値千金
  花有清香月有陰
  歌管楼台声細細
  鞦韆院落夜沈沈

       <宋:蘇軾>


 お茶会ネタ、続きます。

By サ
    00:00  Trackback : 0  Top
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。