SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2017.01.28[土] 新年快楽

辻占
<辻占:中におみくじが入っていて今年一年を占います>


旧暦のお正月。
春節の到来です。アジアの諸国は大連休です。

日本では旧正月と言いますが、以前は日本でも旧暦を使っていたので旧正月を祝っていました。
その後、太陽暦を使うこことなり、現在の元旦に正月を祝うようになりました。

旧暦を使っているアジアの人々にとって、とても大切な祝日。
春節という文字通り、春の訪れを祝うお祝いのイベントが各地で開催されます。

まだ、寒い日があったり、雪が降ったりする日もあったりと、春と言えども厳しい天気の日もある時期です。
それでも、ほっとするような、暖かくなる日もあり、すぐそこまで春は来ていると感じられる各地です。

樹木もいよいよ、芽吹きの準備が始まります。
「陰陽五行」の世界、一年の始まりです。

自然界のあらゆるものを陰(いん)と陽(よう)に分けるという考えがあります。
五行の考え方は自然界は木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)の5つの要素で成り立っているというものです。

五行の行という字には「巡る」とかという意味があります。
5つの要素が巡ることによって万物が生成され自然界が構成されていると考えられています。

正に、春節の時期が五行の木(もく)の時期にあてはまるのです。
木々が成長発育する様子を指します。
この木(もく)は春の象徴です。
お茶の樹も春の陽気でいよいよ、新芽の準備に入ります。
陽気、あふれる時期になると、待ちに待った新茶の季節となります。

お茶も薬膳の世界。

ぐるり回って一年、木(もく)が来ました。春節、春の到来です。
いよいよ、春の訪れ。待ちに待った春です。

By J

スポンサーサイト

2017.01.10[火] 原点復帰

凍頂烏龍茶


少し前に『原点復帰』という言葉の意味を教えてもらいました。
文字通り「原点に戻る」という事なのだけど、例えばプリンターでは
「ここまでの動作を完了したら『原点』とプログラムされた位置まで戻る」
ということになるのだそうです。

つまり、一つの動作が終わったまま次の動作に入ると、プリント位置が
ずれてしまう。
だから、一つの動作が完了したら、必ず原点に戻ることが大切なのだそうです。

普段何気なく使っている数々の機械の中には、一つの動作が完了したら
次の動作に入る前にスタート地点まで戻るということが、プログラミング
されているということを改めて知りました。
いつも同じように間違いなく仕事ができるのは、この『原点復帰』が
あるからなんだと、今さらながら気がつきました。


翻って、自分はどうかと考えてみると、
初めて中国茶を飲んだ時の豊かな香りの感動や、
茶文化の奥深さに触れた時の好奇心が満たされた喜びは
今も同じように持ち続けているのか?
と自問自答せざるを得ません。

そんな気持ちを抱きながら、今年最初にいただいたお茶は、
私の中の定番中の定番『凍頂烏龍茶』
お正月らしく、紅白の蓋碗に、春の訪れを最初に告げてくれる梅の
花のレリーフの茶杯で、昨年の様々な出来事をリセットできたかな?

『初心忘るべからず』という古い諺がありますが、これは
世阿弥の言葉だそうです。
http://textview.jp/post/culture/11843

「まことの花」を目指して、今年は原点復帰について
少し考えてみたいな、と思った新年。

本年もよろしくお願いいたします。

By サ
    00:00  Top
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。