SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2016.10.01[土] 偶然に頼らない

20130718_shinno_02.jpg


怒濤のような9月もようやく終わり。

あれやこれやの来事の一つに『中国茶インストラクター』の試験が
ありました。

資格講座を始めた頃、中国杭州にある『中国国際茶文化研究会』
認定資格となるために、「広く+深すぎず」の内容のカリキュラムと
テキストを作りました。

とは言っても、この資格は、お茶を知る、お茶を語るための、ほんの
入り口でしかありません。
インストラクターと名乗る以上「最低限これくらいは知っておいて
欲しい」。
それを受講生の方々にお伝えするだけで、カリキュラムに設定
されていたコマ数では全然足りません。

茶葉のこと、大地のこと、水のこと、焼き物のこと、器のこと、
花のこと、設えのこと、茶室のこと、書のこと、所作のこと、
お茶を取り巻く歴史のこと、文化のこと、香りや味のこと…。

私自身もそうですが、興味の対象を数えだしたら、キリがありません。
学んでも学んでも、ゴールが見えるどころか、どんどん山の頂上は
遙か遠く、高い空の近くにあるようにさえ思えます。

最初にも言いましたが、決められたコマ数では、全然足りません。

せめて、講座で学習したことはきちんと理解しておいてもらいたい。
試験の解答は、選択式による偶然の正解ではなく、しっかり理解を
した上で答えてもらいたい。
当初は選択式の問題がほとんどでしたが、今は、記述式の問題も
半分くらいに増やしました。

記述式解答は、そりゃあ、楽しいです。
なかなか個性的な漢字を当てて「なるほど!」と感心するものや
「あり得んやろ」という珍解答・迷解答もあります。

採点する方としては選択式の方が楽なんだけれど、鉛筆コロコロはね~。
鉛筆が正解を教えてくれたとしても、本音を言うと「×」にしたい。
偶然に頼っていては、伝えることはできないでしょう?と思って
しまいます。

記述式である以上、合格は偶然ではありません。
合格された皆さん、おめでとうございました♪

これからも楽しく、たくさんのことを吸収して下さいね。

By サ
スポンサーサイト
    00:01  Top
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。