SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2013.06.26[水] ダモンデ

指定ゴミ袋


まるでトマトケチャップか新型車種のシリーズ名みたいな文字列「ダモンデ」。
立派な名古屋弁だということです。

実は名古屋は多民族都市だということに最近気が付いたのですが、彼らに
言わせると、名古屋人は「何気にサクッと名古屋弁を使っている」のだそう。
え~っ、そんなキッパリ名古屋弁を使うのは河村市長くらいだと思うんだけど。

ロ・ヴーのお客様や講座の受講生さんは、なぜか生粋の名古屋人というのが
極端に少なく、名古屋人同士だと全く話題にもならない言葉で、多いに
盛り上がってしまいました。(笑)


問題の「ダモンデ」の発音は、例えば子どもが母親に「ちゃんと残さず
食べなさい」と言われて「だって嫌いなんだもん(↓)」と言う時の
「だもん」の語尾を下げる感じの音程に「であるからして」と言う時の「で」
を加えたような感じです。
解るかな。

意味も大体同じで「ダモンデ=だから」とほぼ同意だと思います。
あ、私はこの言葉、ほとんど使ったことがありません。
どうにもケチャップっぽい響きに聞こえます。(笑)

で、この「ダモンデ」を結構普通にみんなが使うから「気が付くと自分も使って
いたりして、うっかり実家で出るとアブナイ」のだそうです。

いえいえ、この際どんどん名古屋弁を広めて下さい。(笑)

ちなみに、彼らに言わせると「名古屋人は郷土愛が強い」のだそうですが
普通の地方都市は、みんなこんなレベルですってば。
逆に、東京は生粋の東京人が少ないからそう思うだけなんじゃないかなぁ…
と反論してみたりして。

ご当地が話題になったところで、写真は、お茶会の時に皆さんが持ってきて
くれた「指定ゴミ袋」。
お茶会の際、毎回ゴミが出るので「名古屋市指定 可燃ゴミ袋」が必要に
なるのだけど、な、なんと、今回「立礼席」のチーフを始め、メンバー
全員が名古屋市外の住民でした。
慌てて私の方で準備したのですが、みなさん、本当に優しくて「使えない
と思ったのですが、一応持ってきました」と自分の地域のゴミ袋を持って
きてくれました。

各都市とても個性的で面白かったので、密かにこっそり並べて写真撮影。(笑


福井市は、袋にゴミの分別が印刷してあって、すごく親切。
「新参者は助かるよね~」などと言いながら見ていたら分別欄に「農機具」
もありました。名古屋じゃないなぁ。。。
半田市は色付き。「無色透明じゃなくていいんだ~」とか、名古屋市は日本語
以外に英語、中国語などもあって国際色豊か。

ゴミ袋一つ取っても、ご当地色豊かで楽しい。
ご当地物って、実のところ、本当はみんな好きなんじゃない?(笑)

2013.06.21[金] 女性100人展

岡崎市美術館 おかざき 女性100人展


ちょっとしたご縁があって、岡崎市美術館で開催中の『おかざき 女性100人展』
に行ってきました。


以前お会いした時に、私が「好きでカシャカシャ撮っているだけなんです」と
言ったら「そういうのってダメなのよ。ちゃんと考えて、勉強もして撮らないと
いつまでたってもなかなか上手くなれない」と厳し~い一言。
この歳になって、勉強しろと叱られるのも…。人生の大先輩ですが、向こうは
チャキチャキ、こちらはタジタジ。(笑)
ああ、勉強しなきゃ。(^^;


そうおっしゃるだけあって、写真の中の表情はどれもこれも輝いていました。
モデルの女性は、能面師、書道家、コーラスやダンサー、医者に教師、介護関係、
染色家に貝合わせ作家などなど、よくぞこれだけ色々な方を集めたと感心します。
人を撮るのはなかなか難しいと思うのだけど、こんな風に人間の輝く瞬間を
切り取ることができるのなら、素晴らしいなぁ、と思った次第。



岡崎市美術館 おかざき 女性100人展01


後ろの方で写真を見ていた女性グループの方の声が聞こえます。
「やっぱり自分の好きなことをやっている時が、みんな一番良い表情してるわよね」



途中、作品と合わせて大きな写真にならなかった番外編の写真が、スライドショー
で流れていました。

岡崎市美術館 おかざき 女性100人展

反対側とこちら側、両面で同じ物を鑑賞することができるようになっています。
ところでこの写真、どこかおかしいのですが、ロ・ヴーをご存じの方、どこが
違うのか解りますか?
私もじっと眺めていて、ようやく気が付きました。
デジタル一眼で撮られたのですが、こんなこともできるんですね。


写真展は、23日(日)まで。
雨の季節、太陽のように眩しい女性達の笑顔に囲まれて過ごす週末はいかが。
女性の魅力を再認識していただけること間違いなし、です。

2013.06.20[木] この道

「時間は有限である」
年齢のせいか、いつの頃からか意識するようになりました。
もともと欲張りな性格ため、いつもあれもこれも…と年中トタパタ。
もう少しのんびり過ごしたいのですが、困ったものです。


この道は いつか来た道

Mさんからいただいたお菓子。
六花亭の"新商品"(ここ力入っていました)だそうで「いつか来た道」。


少し前のことだけど、ある方が講座を欠席しました。
滅多にないことなので珍しいなと思っていたら、翌月、髪型が変わっていて
大きくイメージチェンジ。
新しい髪型がとても似合っていたので、すごく似合うという話をしていたら
自毛ではありません、と。
「最近、流行っていますもんね」と言うと、私のは医療用なので、という返事。
いつも笑顔が素敵な方だったので、まさかご病気だったとは。

その後、薬の副作用のことなどいろいろお話を伺ったのだけど、自分の言葉が
空虚で上滑りなだけに思えて、情けない気持ちを表面に出さないようにする
だけで精一杯でした。
そして「先生(ドクター)が、自分の中だけに溜めるのではなく、誰かに
話をした方が良い。毎日楽しい事を考えて過ごすことが大切だ」とおっしゃった
ということ、これからも講座に来ますと言ってくれたことがとても嬉しかった。

時間は誰にも等しく1日24時間しかない。やりたいこと、行きたい場所が
たくさんある中で、その中の何時間かを一緒に過ごす相手に選んでくれて
ありがとう、と思う。


六花亭の「いつか来た道」は、どんな味なんだろうと原材料を見てみたら
その中に「アカシヤ蜂蜜」がありました。
何とも心憎い。

♪この道は いつか来た道
この道は過去から続く道だけど未来へ続く道でもある。





手嶌葵さんの歌う「この道」が好きなので探してみたけど叶わず。

♪ここは奇跡の星
たまには鼻歌でも歌いながらのんびり歩くのも悪くないよね。

2013.06.17[月] 先手必勝!

ちまたでは、梅の実がたくさん実って梅酒や梅ジュースにしたとか、ビワがなり
始めたなどという話題を耳にする季節になりました。
そしてロ・ヴーでは、前庭とは言えないネコの額ほどのちいさなスペースに
おいてある、鉢植えのブルーベリーがそろそろ色づいてきました。


ブルーベリーの花

ブルーベリーは春にはこんな小さくて可愛い花を咲かせてくれます。
写真は4月下旬のある日の様子。



ブルーベリー

そして最近の毎朝の私の仕事は、色づいたブルーベリーの実を、小鳥よりも
早く摘むこと。(笑)
今年の梅雨は、雨が降らずに青空ばかり広がっているので、鳥よけネットを
買う暇もないままに、実がなるのも少々早め。

本当はもう少ししっかり熟して甘味が増すまでおきたいのだけど、ウッカリ
すると、どこからともなく鳥が飛んできて、一番美味しい実を選んで啄んで
いってしまいます。

「私のブルーベリーがない!」
そんな思いをもう何度経験したことか。(笑)
最初は5本指の鳥がつまんでいってしまったかと思いましたが、本当に小鳥が
飛んできて、フェンスに上手に掴まり、食べてしまうのです。

こうなったら、少々酸っぱかろうが、サイズが小さめだろうが、小鳥になんて
負けていられません。
そうそう、なんでも先手必勝!小鳥になんて負けないゾ。

とはいうものの、摘み取ったブルーベリーの糖度を上げるにはどうすればよいか
どなたかご存じの方がいたら教えて下さい。(笑)

2013.06.14[金] 中国王朝の至宝

名古屋市博物館:中国王朝の至宝

ようやく行って参りました。
名古屋市博物館で開催中の『中国王朝の至宝』展。
東京の国立博物館でやっている時から、早く名古屋に来ないかな~と
思っていたのですが、春になって新茶やお茶会の季節と重なってしまったため、
なんとかギリギリセーフ、という感じです。

展示は、それぞれの時代に相応しいタイトルが付けられていて、例えば
『第1章 王朝の曙」として「蜀」と「夏、殷」』から始まり、『第3章 初めての
統一王朝 「秦」と「漢」』というような時代別になっています。

中国の伝説、最初の王朝『夏』、そして殷墟の発見によりその実在が確認
されている最初の王朝『殷』。
『夏王朝』は、考古学的な発見がなされていないため、とりあえずは伝説の
王朝ということになっているので「時代(紀元前17-前18世紀)で見ると」
という但し書きつきの展示物になっているようです。

紀元前18世紀という途方もない昔に、すでに文明と言われる物があり、こうして
現代に引き継がれて残っていると考えるだけで、頭がクラクラしそうです。

『殷』という時代は面白くて、殷は『商』とも呼ばれていて、本当はどっち
なんだろう?と。
ある本によると「商人」という言葉は、周に滅ぼされた『商(の国)の人』と
いう意味が始まりだとありました。
ざっくり説明すると、国が破れて、独自の物を持てなくなった商の人たちが、
あちらの物とこちらの物との交換を始めたことから「商の人が行っている
こと」を示すようになったとか。
(ご興味のある方はぜひいろいろ調べてみて下さい♪)

こんな昔のことが、今でも普通に使われる言葉として残っているなんて!
これが事実だとしたら、本当にビックリです。

そんなことを考えながら「秦」「漢」「唐」「遼」「宋」と近代へと文明の流れを
眺めると、いろいろな想像(妄想?)が膨らみます。

思わず「長安(西安)行きた~い! 洛陽行きたーい。 瀋陽も杭州も行きたーい。
西湖のほとりを散歩したーい!」と思い始めてしまったのでした。

2013.06.06[木] 今年最初の花火

今年も熱田まつりの季節がやってきました。
今年は梅雨入りが早かったのですが、お祭りの日は朝から快晴!

毎年のことながら、熱田まつりの花火が終わると、いよいよ梅雨も本番を迎える
のだと、心の中のスイッチが入るような気持ちになります。

過去にも何回かこの花火を切り取ろうとチャレンジをしてみるものの…。
まーったくうまくいきません。(^^;

とりあえずは、動画から切り出した画像を数点ほど。


熱田祭の花火01




熱田祭の花火02




熱田祭の花火03



シャッターのスピードと、光の消える早さと、目で光を捉えるスピードと…。
儚いものを掴むのは、無粋なことなのかもしれないと毎年思いつつ、それでも
やっぱり掴みたいと思ってしまう学習能力のなさ。(笑)

言葉よりも何よりも、ここはやはり動画で。
臨場感を残したかったので、BGMは花火の音だけ。



http://youtu.be/t9IBgp5txgs

今年も夏が駆け足でやってきそうです。

2013.06.04[火] 朔日餅

今年の伊勢神宮は、20年に一度の式年遷宮の年。
伊勢に住むHさんから「遷宮の行事に参加できますけどどうしますか?」と
いう有り難いお話を昨年から頂いていたのですが、今年の8月の予定を
去年の9月頃までに回答しなくちゃいけないという高いハードルに加え、
週末の行事なので、今回は泣く泣く見送りです。
20年後の遷宮の時は、もう仕事もしていない(と思う)ので、その時は
ぜひ誘ってとお願いしておきました。

頑張って元気に長生きしなくちゃね!

そんなHさんからの、とても嬉しい差し入れ。

朔日餅:麦手餅

赤福の朔日餅をご存じですか。

1978年から赤福本店が始めた、月替わりの毎月1日だけに販売する特別な
お餅です。
名古屋の一部のデパートでも予約をすれば買うことができるのですが、
届けてくれたのは、赤福本店のもの。

今月は1日が土曜日と重なったため、新聞の記事によると、1000人以上が
行列をつくったとか。
Hさんは午前1時から並んだということでした。それでも200番台だったらしく
行列の長さの想像もつきません。

6月の朔日餅は「麦手餅」と呼ばれるもの。
月替わりのお菓子なので、次回食べることができるのは、来年の6月1日。
1年に1日だけの楽しみです。

麦手餅はもちろん嬉しかったのですが、夜中から買いにでかけて届けてくれた
その気持ちが一番嬉しいのです。

一緒に頂いた皆さんも「噂には聞いていたけど、本物を見るのは初めて。
食べるのがもったいないです」という人もいて、感無量。

本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。
プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop