SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2011.10.30[日] Félicitations(祝!)

10月31日の月曜日、ロ・ヴーで長らく中国茶の勉強をしてくれている
Fさんが、お茶とお菓子のお店『一滴(しずく)』をオープンされる
ことになりました。

一滴(しずく)


Fさんはもともとお料理が専門。
なので、お料理を出されないのはもったいないと私なぞは思ってしまう
のですが、慌てずコツコツと理想のお店を作り上げていくには、少しずつ
お客様へのサービスの幅を広げていくのが良いのでしょうね。

お店のショップカードは、お嬢さんのデザインだそう。
温かくてほのぼのとした印象がとてもいい感じ。


お祝いにと、ジイヤ様と一緒に(ジイヤ様は拘り派なので)お気に入りの
大須のお花屋さんに出かけ、今回はご本人の希望もあって、お店のシンボル
ツリーになるような物を選んでみました。

ユーカリ


「オープンのお祝いなので『祝開店』っていうのを必ず入れて下さいね」
とお願いしたら、「Félicitationsってフランス語でおめでとうという
意味の言葉を書かせて頂いているんですが、それでも良いですか?」と
聞かれました。

フランスのカフェ風のお花屋さんなのだけど、小物までお洒落なのね~。
ラッピングされる所まで立ち会いたかったのだけど、閉店時間ギリギリに
お邪魔してしまったので、後は当日のお楽しみ。

シンボルツリーとともに、お店もスクスクと元気いっぱいに大きく
なりますように!

 <中国茶 一滴(しずく)>
  〒474-0038 愛知県大府市森岡町6丁目40-1
  Phone. 090-7958-6430
  OPEN 13:00-20:00 火・水曜日定休

2011.10.28[金] ネパール珍道中(2)

帰国された皆さんが、それぞれに楽しい思い出を語ってくれました。
今回の旅では、私はご一緒できなかったので、皆さんのお話をまとめて
ダイジェストでご紹介。(^-^)

カトマンズのトリブバン国際空港へは定刻に無事到着。
ただジイヤ様は、すでに香港の空港で疲れ果てたらしいけど。(笑)
一応、香港に到着した時点で行き先は決まったのだけど、飛行機が出発
した後で、行き先とホテルが決まるというのも、昔の中国を彷彿させる
ような懐かしさ…。(笑)


翌朝、カトマンズからヒマラヤ山脈に抱かれる町ポカラへ。

ネパール01

バスにはスーツケース用のトランクはなさそう。
屋根の上に荷物は積むんだね。
こういうのって雰囲気があっていいな。

2011.10.23[日] ネパール珍道中(1)

ブログを読んで下さった何人かの方から「サンタ先生はネパールに行った
んですか、それとも行かなかったんですか?」とご質問を頂きました。
皆さん、私がネパールに行くものだと思い込んでいた様子で、話の内容
を読むと何か変だなぁと思われたようで‥。

残念ながら、私は今回はお留守番。お休みをのんびり過ごした後、日本で
お茶会の準備を着々と進める予定‥でしたが、予期せぬ出来事がおこり
てんやわんや。(笑)

2011.10.19[水] 名前の由来

スペイン語で『慈悲深い』という意味のメルセデスは、ダイムラー社の
パトロンでもあり、ディーラーの経営者でもあったエミール・イェリネック
の娘の名前、というのは有名な話。
ドイツのベンツが世界中で認められる車になるとともに、メルセデスと
いう名前も、世界で最も有名な女性の名前の一つになった、と言っても
過言ではないだろうと思う。

名前は、親から子どもへ贈られる、最初のプレゼント。
それは人だけでなく、例えば物であっても、きっと発明者の深い思いが
込められているのだろう。
そう、あなたの名前にも私の名前にも、深い愛情と時には重すぎる
くらいの親の願望が込められているに違いない。(笑)

2011.10.15[土] ボン・ボヤージュ!

10月11日火曜日、12:10頃ネーパルから入った1通のメールが始まり。
12日は6日間の「茶園研修ツアー」の出発の日。
メールのタイトルは『URGENT!』。

いやな予感を抱きつつも、メールをクリック。
そこに書かれていたのは…。

2011.10.10[月] 十三夜に想う

中秋の月も美しいけれど、澄み切った秋の空に浮かぶ、十三夜の月もまた
えも言われぬ趣がある。
十三夜の空は中秋のそれよりもひんやりとしていて、月の冷たく、そして
やわらかな光が地上を照らすようにも見える。

昔から、太陽を歌った詩よりも月を歌った詩の方が多い(と思う)のは
月の光に心を慰められた人が多いからかもしれない。

そして

月の描かれた絵で最も気に入っているのが、横山大観の『霊峰十趣・夜』。
何が好きなのかと言われると困ってしまうのだが、夜空に白く浮かび上がる
富士の山と空に広がる満点の星、そして下弦の月。
富士山の形も、月の位置もこれ以外にはないと言うほどピタリと心にくる。

2011.10.07[金] お茶会のリーフレット

いつになく早く、お茶会のリーフレットが出来上がりました。(^-^)
ネパール行きの準備もあったので、内心どうなるのか心配だったの
ですが、とりあえずはいつもより少し早めにできたので、個人的には
ちょっとだけヤレヤレな気持ちです。

萬花千葉

毎回の事ながら、チケットのデザインで3度4度と「もう少しここを
こうして」と注文の多いお茶屋さんなので、今年は夏前から業者さんに
作成依頼。申し訳ないなぁと思いながらも、相変わらずデザインを
何度も手直しして頂きました。

その後、チケットのデザインを参考に慣れないソフト相手に悪戦苦闘
してみたのですが、とりあえずはチラシっぽくなったでしょうか。(笑)

お茶会のテーマは『萬花千葉』。
額田王の詩を題材にしています。

チケットの販売もスタートしました。
ロ・ヴー店頭、もしくはメールにてお問い合わせ下さい。

お茶会に参加される皆様へは近日中に詳細と合わせてお送り致しますので
もう少しお待ち下さいね♪

2011.10.05[水] 南国酒家で

ネパールツアーの準備をしつつも、お茶会のこともそろそろ打ち合わせを
しなければ、ということで、9月最後のお休みを利用して、名古屋東急
ホテル
内にある中国料理レストラン『南国酒家』に行ってきました。

南国酒家01

名古屋東急ホテルが、前の職場で本社から上司が来名された時の常宿
だったこともあるのですが、南国酒家はホテル内のレストランでありながら
もリーズナブルな価格で食事ができるのです。
また小さな個室を幾つか持っているので、ちょっとしたビジネスの
打ち合わせなどにもとても便利。

さて、今回のお話は南国酒家の支配人のYさんが作年秋のお茶会をご覧になって
「今度は中国料理協会とコラボしてやりませんか?」と言って下さった
のがきっかけ。
正式には『日本中国料理協会』という組織で、中国料理人さんたちの
協会だそうです。
お店やレストランの枠を取り払って、料理人たちが勉強会や意見交換を
する集まりだそうです。

ここの名古屋支部の皆さんがお茶会をお手伝いをして下さるそうな‥。

プロにサポートをして頂けるなんて、ロ・ヴーの中国茶のお茶会が
ちょっと本格的な装いになってきました♪(嬉)

プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop