SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2011.04.25[月] 吾唯知足(タルヲシル)

お茶会まであと1週間。
お茶会だけではなく、イベント事や何か新しく始める事などが
ある場合、つい思ってしまうのが「あともう少し」。

2000年のロ・ヴー オープンの頃から、ジイヤ様と私と両方から
「う~ん、もう少しここはこうして…」。
『これじゃあちょっと不満』攻撃のクセはなかなか治らず、
業者さん泣かせと周りから言われ続け早11年。

モッコウバラ

2011.04.18[月] 桜の有平糖

名古屋の街はいつの間にか桜の季節も終わりを迎え、日泰寺の
参道もハナミズキの紅や白で彩られる頃になりました。

少し前にお客様からお裾分けにと頂いた「京都 紫野源水」さん
の『有平糖』という名前のお菓子。

桜の有平糖

2011.04.16[土] さつき茶会-はじまり

昨年の秋、お茶会でお世話になった白鳥庭園さんから
今年のゴールデンウィークに開催予定の市民茶会で
中国茶会をやってみないかとオファーを頂いたのが今年の始め。

その後、東日本大震災が発生して、数々のイベントが
中止されるなか、チャリティーとしてお茶会を開催するという
お知らせをいただきました。

多分、リーフレットの修正を入れたりしていたため、仕上がりが
かなり遅れてしまい、私の手元に届いたのは4月6日。
所長さん自らデリバリして下さったみたいで、朝、お店に来たら
傘立ての影にひっそりと置かれてありました。

当日までに、リーフレットをお渡しできない方もあるので
この場でも少しご紹介。

さつき茶会リーフレット


2011.04.10[日] へうげもの

「へうげる=ひょうげる(剽げる)」
 ひょうきんな事を言ったりしたりする。おどける。
                   <大辞泉より>


中国茶のミニチュアセット


以前、根付けの下駄と印籠を下さったお客様。
奥様の茶の湯の先生に「茶の湯のミニチュアをあげたことが
ある」とお聞きしたので、紅茶やコーヒーセットで陶器の
ミニチュアはあるけど、中国茶の物は何もないので残念だと
お話ししたことがありました。

すると、次にご来店になったとき、こ~んなステキな物を
持ってきてくれました。

一つは中国茶のセット、そしてもう一つは茶の湯のミニチュア。

2011.04.07[木] ヒマラヤの翡翠

ようやく少しずつ春らしくなってきました。
毎朝の通勤途中に見かける風景。
とても背の高く、太陽の光に白く輝くユキヤナギの中に、
木守りのようにも見えるザクロの実。

日の丸、に見えなくもない


まるで日の丸のようにも見えます。
この場所を通ると、思わず心の中で「ニッポン、チャチャチャ♪」
と口ずさみたくなります。
このフレーズは、いったいいつ頃から言われるようになった
のでしょう。


少し前のこと、尾張旭の紅茶屋、リンアンさんから私の携帯に
夜、電話が入りました。
おや珍しいと思ったら「ネパールからの伝言」だそうで…。

2011.04.01[金] 桜のケーキ

3月の講座のお菓子は『桜のケーキ』。

桜のケーキ

桜の餡にクリームを混ぜて優しい食感にし、ダッコワーズの生地と
抹茶のスフレ生地で挟んだ焼き菓子です。

プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop