SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2010.03.31[水] サクラ・さくら

覚王山にある日泰寺のすぐ近く、お店から見えるところにある桜。
ソメイヨシノとは品種が違うみたいで、少し早咲き。
でも本当に桜?

桜02

すでに1週間程前から満開に近くなっていて、昨日の強風では
まるで雪のように花びらが舞っていました。

桜01

風に乗って、お店の入り口まで花びらが飛んできて、いよいよ
ソメイヨシノへと命のバトンタッチ。

2010.03.27[土] 新茶の第一便

忙しい時に限って、いろんな事が何故か同時にやって来る。
いいのよ、人生ってそういうものよね。

などとつぶやいている暇もなく、ハァ~っとため息をつく間ない
うちに、

ついに

新茶が到着しました~!

今回到着したのは、四川省の竹葉青と浙江省の西湖龍井。
桜も咲いたし、ついに春が来た、っていう感じです。

2010.03.26[金] お知らせ

誠に勝手ながら、3月27日(土曜日)のロ・ヴーの営業時間は
17:30までとさせていただきます。

いつも不思議に思うのだけど、イベントや原稿関係の締め切り、
新規セミナーのオファーや、その他諸々‥、どうしていつも
日程が重なってしまうのでしょうねぇ。

以前にこのブログでも書いたのですが、京セラの創業者で
現在は、日本航空の新会長となられた稲盛和夫氏がどこかで
書かれていた「孫悟空の毛」の話。
「忙しい~!」と叫びたくなるたびにこの話を思い出して
しまいます。

2010.03.23[火] 似てる?

相変わらずドタバタと過ごしつつも、少し前からヘッダーの
画像を変えてみました。

前の画像がベルリンの壁だったので、今回は明るいイメージで、
ということで、昨年ベトナムのダラットに出かけた時の、茶畑の
写真をチョイス。
訪問した時は、本当に良いお天気で真っ青な空が広がっていました。

現地で「もう少し、空の色が違うと、ヨーロッパの田舎みたい
な風景だよね。(ダラットの空はどこまでも青すぎるのです)」と
言ったら「ヨーロッパの田舎に行ったことがないのでイメージが
沸きませ~ん。」というお声もいただいたので、古いアルバムを
ガサゴソと探してみました。

2010.03.19[金] 犬山の『世界のTEA TIME』

16日の火曜日、犬山までイベントの打ち合わせに行ってきました。
なかなかスケジュールの調整がつかなかったのですが、ようやく
現地の下見ができました!(ヤレヤレ)

そこで、今日はちょっとお知らせです。

来る3月27日(土)に、犬山国際観光センター「フロイデ」で
犬山国際交流協会主催『世界のTEA TIME』というイベントが
開催されます。
ここの中国茶のブースで、ロ・ヴーの茶藝チームが茶藝のパフォー
マンスを披露致します。
もちろん、試飲も。

イベント会場では、中国茶の他に
日本茶石臼ひき、和菓子作り、インドのお茶、ドイツハーブティー、
モンゴルのお茶、ペルーのお茶 などなど、全部で9種類の楽しい
ブースが用意されます。

参加費用は、たったの500円。
時間は、13:00~16:00まで。
日本茶のお点前体験+お好きな体験2種類が楽しめるという仕組み
になっています。
当日、いきなり行ってしまっても大丈夫のような気もしますが、
原則として、参加するには事前申込みが必要です。
イベントの詳細は、犬山国際交流協会のブログでご確認下さいな。

名古屋のソメイヨシノの開花も確認されたようですし、27日頃は
ちょうど桜も見頃になっているはず。

犬山の桜見物とセットで、世界のお茶イベントにもぜひお出かけ
下さいね。
皆さまのご来場、お待ちしています。

2010.03.17[水] また会う日まで

楽しかった時間はあっという間に過ぎていき、お別れの時間が
近づいてきました。
ホテルに預けてある荷物をピックアップするため、Nさんお奨めの
市場を通り抜けて、ホテルへと向かいます。

途中、
Nさん:(ちょっと自慢げに)「ここはガレッジセールの
    ゴリさんの実家です。」
私:「‥? あ~、わかった~!ガレッジセールね♪」

すぐに反応できなくてゴメンね。
芸能界ネタには弱いのです。(^^;

そして、しばらく行くといきなりTさんとNさんが「ちょっと
待ってて下さい!」とどこかの店の中に入って行きました。

戻ってきた彼女たちが手に持っていたものは‥。


なんと、麩。(笑)

2010.03.15[月] 自慢の沖縄(3)

沖縄最終日。
最終日と言っても、正味1日半しかなかったのでそんな大それた
ものではありませんが(笑)。
限られた時間しかないので、とりあえず残りの時間をフルに活用
すべく、まずは『てんぶす那覇』の中にある『那覇市伝統工芸館』へ。

とりあえず手っ取り早く沖縄の伝統工芸について知りたい!と
いう方にお奨めのスポットです。
時間さえあれば、琉球ガラス体験教室などにチャレンジして
みたかったのですが、とてもとても‥。

そもそも、TさんもNさんも、待ち合わせの時間に大幅に遅れて
くるし‥。待っても待っても、全然来やしない。(^^;
俗に言う「沖縄時間」というやつです、ハイ。(苦笑)

2010.03.13[土] 自慢の沖縄(2)

酔っぱらうというほどでもないけれど、ほんの少しだけ良い気分に
なって、次の行き先は「紅型」の工房。

この建物は、岐阜県の木曽から古民家を移築させたものらしい。
なるほど、天井が高く、通常は横に長く広げる布も、ここならば
天井から吊して縦長に広げて乾かし、展示することができる。
沖縄ではこういう造りの建物はあまりないらしく、Tさん曰く
なかな珍しい光景なのだと言うこと。

紅型

色とりどりの布がキレイ。

それぞれの場所で私が興味を示すと、Tさんが本当に嬉しそうに
しています。
きっと、どれもこれも沖縄の自慢の伝統工芸なんですよね。


そしていよいよ絶対に行きたいとお願いがしてあった首里城へと移動。
ここでスペシャルガイドのNさんと合流。

プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop