SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2009.08.30[日] 茶室:清羽亭

先日、日本茶(煎茶)の先生方との集まりの時、5月のロ・ヴーの
お茶会に、お弟子さんの中に参加された方がいたということを
お聞きしました。
お茶会の時の会記もご覧になられたそうで、ちょと恥ずかしいかも。

日本茶は中国茶と比べると、茶の湯、煎茶ともに伝統や格式を
重んじる傾向にあって、会記や茶会の進め方にも厳格な決まり事
があります。
私たちはそういった格式よりも、もっと気軽に、そしてお茶が
特別な人たちの物ではなく、たくさんの普通の人たちの日常の
物として楽しんでいただければ良いなぁ‥と思って今回の
お茶会を開催しました。

だから、煎茶の先生方には内緒にしていたのです。
でも、こういうことって隠していてもあっという間に伝わって
しまうのですね。(汗)

怒られちゃうかな?と思ったのですが「とってもステキなお茶会
だったそうだね。どうして教えてくれなかったの~!」と
言われてしまいました。
「会記を見ただけで、これは大成功だったんだろうなって
すぐに解りましたよ。」とも。

日本茶の世界では、お茶会の時には「会記」を用意するのが
普通です。
だから、会記を読めばどんなお茶会なのか大体想像がつくの
だそうです。
先生方にお褒め頂けてよかった!(ホッ)

2009.08.27[木] 二つの国

今、あるクラスの講座で「お茶の歴史」を学習しています。
お茶の歴史は、私のお気に入りのカリキュラムの一つ。
コーヒーやココアと比べて、圧倒的に歴史が長い分だけ
様々なドラマがあります。

随分と小さな子どもだった頃、父親に「戦争って何?」と
聞いた時「国と国とのケンカだ」と、今になって思えば
我が父親ながら、非常に単純明快な答えが返ってきた
思い出があります。(笑)

「何で国と国がケンカするの?」と尋ねると「お前たちの
姉妹ケンカと同じで、つまらんことが原因だ」と。
相手の事を思いやれば、ケンカにはならないのだと、
なぜか姉妹喧嘩の説教をされて、とんだやぶ蛇に
なってしまった記憶が。(苦笑)

お茶のことを少し学んだ事のある人だったら、それこそ
誰もが知っているというくらい有名な二つの大きな戦争。
「アメリカ独立戦争」と、そして「阿片戦争」。
それこそ、お茶が二つの国の歴史を変えたと言っても過言
ではないほどの出来事。

2009.08.23[日] 追記:旅の終わりに

ベトナム旅行記の中で、書ききれない所もたくさんありました。
私自身の旅の記録の意味も込めて、その中のいくつかを
ダイジェストでご紹介しておきます。


まずは、フエの「宮廷料理」の数々。

フエの宮廷料理01

フエの宮廷料理02

フエの宮廷料理03

まさに、皇帝の好みそうなあでやかな料理。
まるで韓国ドラマ「チャングム(かなり好き)」の世界。
「熱いものを熱いうちに」などという概念はありません。
お毒味係りも必要ですしね。
だから、というわけではないかもしれませんが、どちらかというと
冷めたお料理が中心だったような印象が‥。
ついでに
フエでは、サイゴンビールではなく「FUDA(フダ)」ビールが
主流でした。

2009.08.21[金] 糸口

ブログを読んで下さっている方の中には、もしかしてお気づきの方も
いらっしゃるかもしれませんが、表示のされ方がちょっと変ですよね。

 <続きを読む>ってなっているのに、クリックしても
 <ブログの最初から読む>状態になってしまっています。

私自身、2週間ほど前からず~~っと気になって、ちょこちょこと
いろいろ触ってみたものの、一向に解決せず。

何か、変なところを触っちゃったのかなぁ‥。
どーしてこうなっちゃうの?


2009.08.18[火] ミスター・サイゴン

ミス・サイゴン

夜、マジェスティック・ホテルにある、あこがれのブリーズ・バー
で「ミス・サイゴン」を注文。
ライムジュースと後、他には何が入っていたかすっかり忘れて
しまった。(笑)
お酒のことはサッパリ。(^ ^;

ミス・サイゴンを飲みながら、「サイゴン解放(陥落)」の頃について
ぼんやりと考えていた。

近藤紘一によると、マジェスティック・ホテルの6階のレストラン
(多分ここのこと)もベトナム戦争時に爆撃されたとのこと。
今では想像もつかないが、タンソンニャット空港方面の空が
爆撃で赤く燃えている様子がここから見えたそうだ。



サイゴン川の夜景

夜のサイゴン川は、華やかさはないもののやさしくて美しい。

2009.08.16[日] 中華の街、チョロン

話があちらこちらへと飛んでしまいましたが「ベトナム旅行記」
続きです。


ホーチミンでは、市の中心部、ドンコイ通り、レロイ通り、ハムギー
通りを歩いて回る。
有名どころのホテルや雑貨店などが集中しており、主なショップを
ざっと見ることができる。
女子チームでの旅行だったら、エステに行ったり、カフェでのんびり
したり、お洋服のオーダー(1日で仕上げてくれて、しかも安い!)
をしたりと別の過ごし方があったのだけど、これは次回のお楽しみに。

一通り街を歩いていろいろな店を冷やかした後、今回はせっかく
このメンバーでいるのだからと、近くのベンタン市場ではなく
少し離れた所にある、ベトナムのチャイナタウン、チョロンの
ビンタイ市場へ行こうということになった。

メーリン広場、若しくはベンタン市場からバスが出ているようだが
彼らは、もちろんバスなんぞに乗る意志はまったくなく「タクシー!」
というわけで、タクシーでチョロンに向かう。
正直、ちゃんと目的地に到着できるのかが少々心配。
あ、これ、中国と同じです。(苦笑)

2009.08.14[金] 虫の声

今夜、虫が鳴いているのに気が付きました。
コオロギ?松虫?なんだろう?
いつの間に虫の鳴き声が始まったのかなぁ。

お昼間は溶けそうなくらい暑いし、夜もエアコンのお世話に
ならずにいられない8月。
今年はただでさえ特別な8月になりそうなのに、先の台風と地震、
そして台湾でも台風による大きな被害がでているようです。
ここ最近の天変地異による被害はとても大きくて、心穏やかに
お盆を迎えられない人がたくさんいそうですね。

2009.08.11[火] 8月のお茶

雪の青、と書いて『雪青(せっせい)』。

目にも耳にも涼しげなこのお茶を、8月のお茶にしました。
雪青は、中国山東省の日照市が産地の緑茶。

雪青


山東省と言えば、三国志でおなじみの諸葛亮(孔明)に孔子、
孟子、孫子、書家の王義之や陸羽を支援した顔真卿などなど
そうそうたる著名人の出身地でもあります。

プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop