SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2009.06.28[日] 行き先 Part2

さて、そろそろ月が輝き始めたようなので(笑)
今月末からちょっと出かけてきます。

行き先のヒントは、
    1.近藤紘一
    2.沢木耕太郎
    3.国道一号線

この3つのヒントで解りますか?

ズバリ解ってしまったあなた、かなりマニアックな旅人?
です。(笑)

更なるヒントは‥。
3レターコード、SGN。
さて、これで解りましたか?


答えは、ここに。
http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/blog-entry-128.html

2009.06.26[金] 京都の西湖

「西湖」と言えば、中国は浙江省杭州にある湖、西湖。
5月に行ったロ・ヴーのお茶会のテーマにもなった「湖上春来」は
唐代の詩人「白居易(白楽天)」の詩『春題湖上』からとったもの。

マルコポーロが「人が西湖を訪ねる時、天国と思いこんでしまう」と
絶賛したという風景、それが西湖のある風景。
2年前に訪れた春の西湖は、柔らかな新緑の柳がゆらゆらと
風にゆらぎ、そのほとりをいつまでもずっと歩き続けたくなる
ような、そんなのどかで美しい場所でした。

ところで、京都の「西湖」に出会ったことはありますか。

2009.06.24[水] 水まんじゅう

蒸し暑くなってくると、ヒンヤリとしたお菓子が恋しくなってきます。
そんな中、創業400年の歴史を持つという三重県伊賀市にある
『桔梗屋織居』さんの水まんじゅうを頂きました。


桔梗屋織居


基本的に、こし餡よりつぶ餡派なのですが、やはり素材の
組み合わせで、こし餡じゃないとダメなお菓子も数知れず。
そう言えば同じ三重県は伊勢市の銘菓「赤福」も、こし餡。
まあ、つぶ餡の「赤福」って許せないかもしれないけど。(^^;

2009.06.21[日] 実り

昨年の秋からロ・ヴーに仲間入りしたブルーベリーとオリーブ。
元気にすくすくと育って、実をつけてくれました。

blueberry-03.jpg

ブルーベリーの実は結構大きくて、早く熟さないかと
毎日の水やりが楽しみ。
ほんの1週間前、こっそり摘んで食べてみたらまだ酸っぱかった。
ようやく食べ頃になってきたみたい。
美味しそう♪(笑)


2009.06.18[木] 魯山人の美

NHK岐阜カルチャーでの講座を終えた後、せっかくなので、
岐阜市歴史博物館で開催中の『特別展 魯山人の宇宙』
見に行ってきました。

チラシなどにも使われている「九谷風鉢」の色彩の美しさは
もちろんのこと、そめつけ、備前、織部などの焼き物も
秋月図などの絵にしても、大きさ、色合い、形、の全てに
おいて、とてもバランスの良い人なんだなぁと改めて実感。
正直、一種の天才です。

めったに料理などしない私でさえ、いくつかの鉢や皿を
見た瞬間、「この器にはこの料理を」と思わずイメージして
しまいました。
お皿を見ていると、美味しい物が食べたくなってくるほどです。
料理人の皆さまだったら、きっと創作意欲もわくのでしょうね。

2009.06.15[月] 3レターコード

少し前のこと、前の職場の同じ支店で働いていた女子チーム
の仲間たちが店に遊びに来てくれた。
それから数日後、申し合わせたかのように元上司が来店
してくれた。
続けざまに昔話に花が咲き、気持ちまで10年以上も若返った
みたい。(笑)

ところで、どんな業界にも「業界用語」なるものがあると思う。
ご多分にもれず、私が務めていた会社でも業界用語が
飛び交っていた。
長年その業界で働いていると、ほとんど無意識のうちに
(しかしビョーテキに)使ってしまう言葉があると思うが、
私の場合、それは「3レターコード」。
これは正直、もう完全に「パブロフの犬」状態。
長年身体にしみついた習慣は、さすがにヨダレまでは垂らさ
ないまでも、3レターコードを見るだけで、キャイーン!と
思わず興奮してしまいます。(笑)
ああ、悲しき習性‥。

2009.06.13[土] まるで本物

去年の7月、夏の暑い最中に「幻の東方美人」を求めて暑~い
台湾へ行って来ました。
東方美人の新茶が出来るのは、ウンカ(チャノミドリヒメヨコバイ)
が発生した後、通常は6月頃。
本当は5月頃に行けると体力的には嬉しいのだけど、せっかく
行くのであれば、新茶がラインアップされた6月でなければ!

旅のお楽しみは東方美人だけでなく、台中に工房を持つ作家さんを
直接訪ねたり、茶業改良場を訪問したり。
温泉に入って、美味しい物たくさん食べて。
あれから間もなく1年がたってしまうんですねぇ…。
ああ、懐かしや。

※以前の台湾旅行の記録はこちらで覧いただけます。
1)麗しの東方美人
 http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/blog-entry-107.html
2)日月潭について
 http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/blog-entry-108.html
 http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/blog-entry-109.html
 http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/blog-entry-111.html
3)茶業改良場
 http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/blog-entry-112.html

4)呉さんの工房の話
 http://lovu08scenery.blog98.fc2.com/blog-entry-113.html

そんな折り、台湾で訪問した作家、呉政憲さんの茶壺がロ・ヴーに
やって来ました。
残念ながら、呉さんはいなくて、茶壺だけ。(笑)

呉政憲の茶壺01

2009.06.11[木] 6月のお茶

ついに東海地方も梅雨に入りました。
今日は早速の雨。
シトシトと降り続く雨も嫌いではないけれど、洗濯物が
乾かなくなるので、それだけがちょっと憂鬱。

いつも慌ただしい気持ちですごしているのに、雨が降ると
何となく少しだけのんびりした気分になります。
雨の音のせいでしょうか‥。

そしてこんな時は、からっと芳ばしい焙煎のかかった岩茶が
飲みたくなります。
2ヶ月ぶりに復活の今月のお茶。
6月のお茶は、独断と個人の好みで(笑)『岩茶:半天腰』。

岩茶:半天腰02

プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop