SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2009.04.29[水] 頭痛のタネ

清明節前後からゴールデンウイークにかけて、新茶のサンプルが
続々と到着します。
当然といえば当然なのですが、中国を代表する緑茶の「龍井茶」
一つを取っても、今年はどのお茶を仕入れるかを、ボスと一緒に
試飲をします。

茶葉の美しさや香りの良さはもちろんですが、コストパフォーマンス
なども考慮して、ひたすら飲み比べを続けるわけです。

で、試飲よりもさらに私を悩ませるのが写真。
新茶が到着すると、ホームページに掲載するための写真を撮影
しなければなりません。
「はぁ~」思わずため息。

2009.04.27[月] 天目茶碗

この4月から「宋代のお茶」についてを教えて頂ける
ことになりました。
お茶を競う『闘茶』のきっかけにもなった、お茶の入れ方や
製法、その他の様々なことについて、どんなことを学べるのか
が楽しみです。

そして「宋代のお茶」といえば、絶対にはずせないもの
があります。
日本の茶の湯の起源ともなった、点茶法というお茶の
入れ方。それにともない発展していった茶器の変遷。
特に、お茶の入れ方の変化に伴い、茶道具には特筆すべき
変化が見られます。

その一つが、天目茶碗。
唐代の「茶を煮て飲む」という煮茶法から茶筅を使って泡立てて
飲むという飲茶のスタイルの変化によって、お茶の泡の白が
引き立つようにと黒い天目茶碗が好まれるようになりました。

2009.04.25[土] まねぶ

「まねぶ」と「学ぶ」は同源で「真似る」つまり「真に似せる」
という意味から「まね」という言葉が生まれたなどという話を
聞いたことがある。

確かに、若い頃一度は人気タレントの写真を美容院に持参して
「この写真の○○さんと同じ髪型にして下さい」と美容師に
無理難題を押しつけた経験がある人も少なくないのでは
ないだろうか。
いくら同じようにやってみたとて顔も違えば、髪質も違う。
何度目かの経験の後、真似をしたところで同じにはならない
ということを学ぶ。

書道にしても多分そう。
まずはお手本の文字を真似て、いかに本物に忠実に書けるかが
重要で、真似るところから学ぶという考えから来ていると思う。

2009.04.23[木] お茶会をしよう!(2)

白鳥庭園な理由。

お茶会の会場は、ロ・ヴーではなく『白鳥庭園・清羽亭』。
ここはその昔、名古屋でデザイン博が開催された時の跡地の一つ
だったところ。(のはず)
医学学会などの大きな学会が開催される『名古屋国際会議場』に
ほぼ隣接している便利な立地条件にある。

実は会場がここに決まるまで、紆余曲折、というほど大層なもの
ではないが、それなりに長い道のりがあった。

2009.04.20[月] 最近の感動

最近、小さな感動がたくさんありました。
小さな感動が一つになって、たくさんの幸せを運んでくれます。

モッコウバラ

例えば、少し早い時期のモッコウバラ。
モッコウバラはロ・ヴーにとって、ちょっと特別な花。
9年前のオープンの時、成長が早くお店に彩りを添えてくれる
ということで、小さなスペースしかないロ・ヴーのために
植木屋さんが選んでくれたもの。
昨年の秋、鉢の植え替えをしたので、今年は花は無理かも
しれないと思っていただけに、たくさんの花を咲かせてくれた
ことに、自然の生きる力強さに感動。
地球温暖化のせいか、5月の連休に咲いていた花がすでに4月
に咲いているのが、ちょっと気になりますが‥。

2009.04.17[金] お茶会をしよう!(1)

『そうだ、京都行こう』ではないけれど
『そうだ、お茶会しよう!』とボスと決めたのが昨年の冬。

昨年の5月は、All About中国茶ガイドの平田さんをお招きして
「中国茶セミナー」を開催。(その時の様子はこちらでご確認を)
セミナー当日は急遽サイン会も開かれ、平田さんの著書を片手に
皆さんが行列を作られたのも懐かしい思い出です。
来年も何か楽しいイベントができれば良いなぁ‥と秋頃から
ずっと考えて、やっぱりお茶会しかないな、と。(笑)

以前から『中国茶アドバイザー/インストラクター』の卒業生の
皆さんから「お茶会がしたい」という話も聞いていたので、個人
でやる「仲良し茶会」ではなく、ちゃんとお客さまをお迎えする
「お茶会」を開催して、日頃の学習の成果を皆さんに披露して
いただこうとただいま計画中。

2009.04.11[土] お茶とお花と笑顔の‥

昨年の夏頃までは「元気なナゴヤ」と言われていたにも関わらず
秋以降は「トヨタショック」という言葉にひきずられ、全国でも
トップレベルの不景気な地域となってしまった名古屋。

なんとか元気を取り戻そうと、ディーラーの皆さんも一生懸命
工夫をしています。
そんな折り、5月22日(金)にトヨタカローラ名古屋さんの
イベントのお手伝いをさせて頂くことになりました。


お茶と花と笑顔のワタシ

このチラシを見かけたら要チェック!

企業さんのイベント企画の場合、同業他社さんにあまり知られ
たくない場合も多く、企画そのものが表に出ることを嫌うことが
多いのですが、今回のヨトタカローラさんは、全くのオープン
イベントだということでしたのでちょっとだけご案内を。

2009.04.09[木] 至福の一杯

とある日の夕方、仕事の打ち合わせのため中区の大須へと
出かけた。
ここ最近、ずっと忙しくしていたので心の疲れをリフレッシュ
させようと、ボスに内緒で『CAFE CEREZA(カフェ セレーサ)』
でちょっと寄り道。
ここは、美味しい珈琲を飲ませてくれるお気に入りの珈琲専門店。
そしてこの店、ロ・ヴーとちょっとした縁がある。

もともとはお客さまで、ロ・ヴーのようなお店を持ちたいという話を
お店のオープン前にお聞きしていた。
ボスの友人でもあるオーナーさんは、ボスに負けず劣らずの
こだわり屋さん。
いやいや、ボス以上のこだわり屋さんかも‥?

プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop