SCENERY

その壁がなくなれば、世界がもっと広がります 

2015.10.13[火] 福井へ

「昔は日本の表玄関でした」

そんな言葉を聞いて、ふと、北陸に行ってみようかな?と思いたち
福井へと出かけてきました。

遣唐使の時代は、まさに太平洋に船をこぎ出したのではなく、
反対の日本海側から唐の都へと命がけで小さな船で旅立っていった
のでしょう。

福井の中央公園には『THE BOOK OF TEA(茶の本)』で有名な
岡倉天心の銅像があると言います。
ひと目見ておきたいと思ったのですが、あいにく公園内が
改修工事のため、次回への宿題となりました。(残念!)


永平寺


茶友の現地ガイドさんに連れて行ってもらったのが、まずは永平寺。
こんな山奥にありながらも、その大きさには圧倒されます。


永平寺



永平寺


永平寺と言えば、道元禅師。
道元もまた、南宋(中国)に渡り、後に曹洞宗の開祖となった人。
当時、日本から宋へ渡った人々は、どんな思いで海を渡り、どんな
気持ちを抱きながら日本に帰ってきたのでしょう。




一乗谷朝倉氏遺跡


そして、日本の「ポンペイ」と現地の人たちが呼んでいる
『一乗谷朝倉氏庭園』


一乗谷朝倉氏遺跡


1467年の応仁の乱での活躍以降、越前の中心として栄え、北陸の
小京都とも呼ばれたそうです。
その後、織田信長の焼討ちにあい、すべてが灰燼に帰した、と
いうとでした。
この城下町一帯すべてが、土の中に埋もれており、発掘調査は
昭和42年から現在にまで至り、まだまだ継続中とのこと。
遺跡は特別史跡に指定されており、出土品の2343点が重要文化財の
三重指定(特別史跡、特別名勝、重要文化財)なのだそうです。

それで「日本のポンペイ」なんですねぇ。


色とりどりの歴史の糸が複雑に絡み合い、現在へと受け継がれてきた
1枚の布が、今なお大切に守られている、そんな気持ちになった北陸への旅。
過去という名前のその生地を丁寧に見ていくと、思わぬ発見や気づきとの
出会いがあります。


  春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて すずしかりけり
                                     <道元>

あるがままの真実の姿を見つめなさい。
道元禅師はそう言いたかったのでしょうか?
寒露も過ぎた月のない秋の夜に、お茶を飲みながら考えたこと。

飲んでいたお茶は、講座用の茶葉をちょっとだけお裾分け
してもらった蒙頂甘露
発想がちょっとイージーですかね。(笑)

By サ
    00:01  Trackback : 0  Top

2013.11.21[木] ドームやきものワールド

ドームやきものワールド01

11月15日から20日まで名古屋ドームで開催されていた『ドームやきものワールド』。
今回は無理かな、と思っていたのですが、やっぱり行かなくちゃということで
駆け足で行ってきました。

実は一人で名古屋ドームに行くのは初めて。
もちろん、地下鉄の「名古屋ドーム前矢田」駅に降り立つのも初めて。
何だか緊張してしまって、いい歳して少しだけドキドキしてしまいました。(笑)
外に出たらお天気がとても良くて、思わず1枚。

今回ドームに来たかったのは、全国の焼き物が一同に集結するということも
あるけど、『中国茶インストラクター講座』の受講生のKさんが、テーブル
コーディネイトのコンテストに入賞したという嬉しいニュースを聞いたから。
Kさん、おめでとう!


コンテストのテーマは『米』。


ドームわきものワールド03


Kさんの作品のタイトルは『美と癒しの国で』。
ベトナムに今なお残るフランスのエスプリと中国からの受けた文化の影響を
ベトナムのフォーと中国茶で表現した、東西折衷のコーディネイトでした。


ドームやきものワールド02




他には中国風のコーディネイトもあったり、和風な印象の作品があったり。

ドームやきものワールド04



コンテストとは関係なく出展メーカーさんのブースもあり、眺めているだけでも
ワクワクするような器類がたくさん。
こちらはノリタケさん。


ドームやきものワールド05



ドームやきものワールド06

お買い物をする時間はほとんどなく、有田焼と常滑焼、美濃焼あたりの
コーナーを迷子になりながら、ざっと見るだけであっという間に時間切れ。

なかなかの楽しい冒険でした。(笑)

2013.10.03[木] 空飛ぶ泥舟

空飛ぶ泥舟


10月27日まで開催中の「あいちトリエンナーレ2013」。短時間でもいいから
何とか足を運びたいと思っていた藤森照信先生の「空飛ぶ泥舟」を見てきました。

もう少し大きなサイズかと思っていたのですが、以外にも小さくて、室内の
広さは約1坪、重量は約600キロだそうです。
まあ茶室なのでこれくらいといえば、これくらいのサイズで十分なんですけど。

「空飛ぶ泥舟」という名前は知っていても、これが茶室だとご存じの方が
以外にも少ないようで…。
室内には一度に6名まで入れるのだけど、会話が結構笑い話でした。

「空飛ぶ」というくらいなので、建物?というか茶室はワイヤーで吊り下げて
あり、人が入ってくるとその方の重さにもよりますが、微妙に揺れます。
「揺れてますね~」なんて。(笑)



空飛ぶ泥舟

「入り口が狭いですね」っていうので、あ、多分『にじり口』のつもりなんだ
と思います。
これ、一応「茶室」(一応だなんて藤森先生に失礼ですね。立派なと言うべき
でした)なんですよ、と言ったら「え~っ」。
そりゃそうでしょうね。

前後にいらした大部分の皆さんが茶室ではなく「空飛ぶ物体」の感覚でいらっ
しゃったことは否定できない…。係の方が作品についてもっときちんと説明
する方がいいと思ってしまいました。



空飛ぶ泥舟

茶室なだけに、炉?が切ってある?じゃなくて、表現が難しいけど、お湯が
沸かせるようになっています。煙突もついているので湯を沸かすと煙が
モクモク出るのかなぁ。室内は無垢の板が貼られていて、屋根は銅板、底は
(底という表現でいいのか?)内側は漆喰、外側は土で仕上げてあるもよう。



空飛ぶ泥舟

床はないけど花掛けがあって、小さいながらも花入れも。
何気なくちょこんと掛けてある花入れですが「辻村史朗さん」の作品のようです。
こんな風に無造作に置いてあっていいのかしらん。


茶室の遊び心の割に、梯子がきちんとしていたので、これはもともと茶室と
セットの物か、それとも今回の展示のために用意された物かをお聞きしたら
「今回の展示用で、本物はもっと揺れて怖い感じの作りです」とのことでした。

絶対に怖い梯子の方が楽しいよね~。



空飛ぶ泥舟

正直、茶室と言うよりは、子どもの頃に作って遊んだ「秘密基地」です。
基地で遊んだ記憶のある方は、子どもの頃を思い出すために、基地って
何?とおっしゃる方は「基地」を体験するために。

写真を見ていて気が付いたのだけど、茶室の裏側を撮るの忘れた!
期間中にもう一度行く時間が作れれば、裏側を見てきます。(^^;

2013.06.21[金] 女性100人展

岡崎市美術館 おかざき 女性100人展


ちょっとしたご縁があって、岡崎市美術館で開催中の『おかざき 女性100人展』
に行ってきました。


以前お会いした時に、私が「好きでカシャカシャ撮っているだけなんです」と
言ったら「そういうのってダメなのよ。ちゃんと考えて、勉強もして撮らないと
いつまでたってもなかなか上手くなれない」と厳し~い一言。
この歳になって、勉強しろと叱られるのも…。人生の大先輩ですが、向こうは
チャキチャキ、こちらはタジタジ。(笑)
ああ、勉強しなきゃ。(^^;


そうおっしゃるだけあって、写真の中の表情はどれもこれも輝いていました。
モデルの女性は、能面師、書道家、コーラスやダンサー、医者に教師、介護関係、
染色家に貝合わせ作家などなど、よくぞこれだけ色々な方を集めたと感心します。
人を撮るのはなかなか難しいと思うのだけど、こんな風に人間の輝く瞬間を
切り取ることができるのなら、素晴らしいなぁ、と思った次第。



岡崎市美術館 おかざき 女性100人展01


後ろの方で写真を見ていた女性グループの方の声が聞こえます。
「やっぱり自分の好きなことをやっている時が、みんな一番良い表情してるわよね」



途中、作品と合わせて大きな写真にならなかった番外編の写真が、スライドショー
で流れていました。

岡崎市美術館 おかざき 女性100人展

反対側とこちら側、両面で同じ物を鑑賞することができるようになっています。
ところでこの写真、どこかおかしいのですが、ロ・ヴーをご存じの方、どこが
違うのか解りますか?
私もじっと眺めていて、ようやく気が付きました。
デジタル一眼で撮られたのですが、こんなこともできるんですね。


写真展は、23日(日)まで。
雨の季節、太陽のように眩しい女性達の笑顔に囲まれて過ごす週末はいかが。
女性の魅力を再認識していただけること間違いなし、です。

2013.06.14[金] 中国王朝の至宝

名古屋市博物館:中国王朝の至宝

ようやく行って参りました。
名古屋市博物館で開催中の『中国王朝の至宝』展。
東京の国立博物館でやっている時から、早く名古屋に来ないかな~と
思っていたのですが、春になって新茶やお茶会の季節と重なってしまったため、
なんとかギリギリセーフ、という感じです。

展示は、それぞれの時代に相応しいタイトルが付けられていて、例えば
『第1章 王朝の曙」として「蜀」と「夏、殷」』から始まり、『第3章 初めての
統一王朝 「秦」と「漢」』というような時代別になっています。

中国の伝説、最初の王朝『夏』、そして殷墟の発見によりその実在が確認
されている最初の王朝『殷』。
『夏王朝』は、考古学的な発見がなされていないため、とりあえずは伝説の
王朝ということになっているので「時代(紀元前17-前18世紀)で見ると」
という但し書きつきの展示物になっているようです。

紀元前18世紀という途方もない昔に、すでに文明と言われる物があり、こうして
現代に引き継がれて残っていると考えるだけで、頭がクラクラしそうです。

『殷』という時代は面白くて、殷は『商』とも呼ばれていて、本当はどっち
なんだろう?と。
ある本によると「商人」という言葉は、周に滅ぼされた『商(の国)の人』と
いう意味が始まりだとありました。
ざっくり説明すると、国が破れて、独自の物を持てなくなった商の人たちが、
あちらの物とこちらの物との交換を始めたことから「商の人が行っている
こと」を示すようになったとか。
(ご興味のある方はぜひいろいろ調べてみて下さい♪)

こんな昔のことが、今でも普通に使われる言葉として残っているなんて!
これが事実だとしたら、本当にビックリです。

そんなことを考えながら「秦」「漢」「唐」「遼」「宋」と近代へと文明の流れを
眺めると、いろいろな想像(妄想?)が膨らみます。

思わず「長安(西安)行きた~い! 洛陽行きたーい。 瀋陽も杭州も行きたーい。
西湖のほとりを散歩したーい!」と思い始めてしまったのでした。

2013.05.20[月] 熱田神宮

熱田神宮:大楠

樹齢1000年を超えると伝えられているこの大楠は、弘法大師のお手植えと
言われているそうです。

弘法大師と言えば、お茶の世界では最澄とともに、日本に茶(道具)を伝えた
として、広く知られている遣唐使。

素通りできるはずもなく、まずは「字が上手になるように」とお祈り、と、今日の
日本のあることの御礼を。
眺めているうちに、名古屋市の木が楠だったことを思い出しました。(笑)

でも今回ここに来たのは、この楠を見るためではありません。


今年は、伊勢神宮の20年一度の『式年遷宮』、そして出雲大社の『本殿遷座祭』と
何かと神様もお忙しい年なのですが、実は熱田神宮も、三種の神器のひとつ、
日本武尊の草薙神剣をお祀りしてから1900年を迎える『創祀1900年大祭』と
いう年なのです。


熱田神宮は何十回と足を運んでいるのですが、初詣か初えびすの時に、人波に
流されながら、本殿直行のお参りだけ。
一度ゆっくりと『信長塀』を見てみたいと、兼ねてから思っていたのですが、
ようやくその念願が叶ったというわけです。



熱田神宮:信長塀

これが信長塀。
織田信長が桶狭間の戦いに臨み、熱田神宮に勝利を祈願し、今川義元に勝利した
後、その御礼として寄進されたものだそうです。
織田軍は今川軍の10分の1の軍勢だったと言われており、出陣の際に信長が
「敦盛」を舞ったと伝えられていることからも、並々ならぬ覚悟だったことが
伺われます。



熱田神宮:こころの小径

ここから先は『こころの小径』。
この奥にある熱田大神の荒魂がお静まりになる「一之御前神社」をお参りできます。
熱田神宮の中で最も神聖な場所ということで、この先は撮影禁止。



熱田神宮:二十五丁橋

最後に、名古屋で最も古い石橋と言われる『二十五丁橋』。
その昔、西行法師もここでお休みになったと伝えられています。
桜で有名な西行ですが、ここでは何を考えていらっしゃったのでしょう。


近くにありすぎて、今までゆっくり見ることがなかった熱田神宮でしたが
歴史の息づかいが聞こえてくるような、静かで穏やかな時間がそこには
ありました。

たまにはこんな贅沢な時間の過ごし方もおすすめです。

2012.07.27[金] 中国王朝の至宝

NHKさんから素敵なご案内をいただきました。
10月10日~12月24日、東京国立博物館で『日中国交正常化40周年特別展
中国王朝の至宝』
が開催されるそうです。


中国王朝の至宝


リーフレットによると、中国最古の王朝と言われる夏の時代から宋の
時代まで、歴代王朝の都・中心地域に焦点をあて二つの王朝の対決と
いうような手法をもって、それぞれの特質が凝縮された代表的な文物を
対比しながら展示するとのこと。


例えば

1)王朝の曙 <蜀:四川の金 VS 夏・殷:中原の青銅>
2)群雄の輝き <楚:南方の神秘 VS 斉・魯:中原の伝説>
3)初めての統一王朝 <秦:絶対権力が生んだ破格の美 VS
              漢:安定と洗練が生んだ様式の美>

などなど、対比のテーマも興味深い限り。


いつもは名古屋はスキップされてしまうのですが、今回は名古屋でも
展覧会があるようなんですね。(^-^)
ただし、名古屋は来年。(笑)

東京の後に神戸へ行って、その次が名古屋。
2013年4月24日~6月23日…。orz
ほとんど1年後の話じゃあないの。

1年待つか、東京まで出かけるか。
見に行った人の話を聞いてから決めるという必殺技もあり。(笑)

速攻で見に行かれた方、ぜひ感想をお聞かせ下さい♪

2012.05.17[木] 田渕俊夫展

少し遅めの桜の季節が終わる頃、随分前に録画してあったBS朝日の「京都
1200年の旅『古都を彩る桜伝説』」を見ました。

平野神社の魁桜に始まり、醍醐寺の桜など、開花する時期の異なる桜が楽しめる
京都の魅力を案内しています。
儚い桜と対比して、四季を通して楽しめる「智積院の桜」もまた番組の中で
紹介されていました。

安土桃山時代に描かれたという障壁画、国宝の長谷川久蔵の桜図の
絢爛豪華さには目を奪われるばかり。
そしてもう一つ、田渕俊夫による、真っ白な襖に描かれた水墨画の桜。
墨の濃淡のみで描かれた桜は、花びらは描かれておらず、その余白が
私たちの脳裏に淡いピンク色の花びらを色鮮やかに蘇らせます。
西洋画にはない日本の美、余白の美の神髄を見せてくれているかのようです。

その田渕俊夫展が「名古屋市美術館(4/7-5/20)」http://museum.menard.co.jp/" target="_blank" title="「メナード美術館(4/7-6/17)」">「メナード美術館
(4/7-6/17)」で同時開催されていると知り、出かけてきました。


メナード美術館


メナードというだけあって、美術館の入り口さえも「美への扉」を開けるような
錯覚に捕らわれます。
こういう感覚、女性にしか解らないでしょうね。(笑)


氏の作品は、科学絵の具ではなく自然素材の岩絵の具に拘り、自然の中にある
色の原料を砕き、焼くことによって、色の濃淡を作り上げていく。
それはまさに芸術家ならではの技と矜持なのかもしれません。

真っ白なキャンパスを鮮やかな色で塗りつぶす西洋画も美しいのですが
自然と同化する色の濃淡と、決して塗り残しではない余白の空間を楽しむ
日本人ならではの美意識を感じさせてくれた作品たちでした。


 <メナード美術館>
  〒485-0041 愛知県小牧市小牧五丁目250番地
  Phone.0568-75-5787  10:00-17:00(月曜休館)


余談ですが、メナード美術館のコレクションはどれも素晴らしいものばかり。
私の最もお気に入りの日本画、横山大観の『霊峰十趣・夜』も所蔵されています。

横山大観 <霊峰十趣 夜>


この日は大観を観ることはできなかったものの、その他のコレクション
のためだけにでも出かける価値あり、です。

プロフィール

ロ・ヴー

Author:ロ・ヴー
<ロ・ヴーの風景>
中国茶や日々の出来事、旅の思い出などを綴っています

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンクバナー
那覇の旅行情報
<那覇の旅行情報>
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
Pagetop